「みんなで独立国家を作ろう」Himalayaで音声配信をはじめました

スクリーンショット 2019 04 23 12 07 08

音声配信アプリ「Himalaya」で音声配信をはじめました。番組名は「みんなで独立国家を作ろう」です。

独立国家を目指す意味

太陽光発電をしていると、特に原発と比較した時に制度的にとても不条理だと感じますよね。世界中で再生可能エネルギーが推進される中、なんで世界中の再生可能エネルギー技術のほとんどを作った日本で太陽光発電が迫害を受けるのかと。

「いっそエネルギーと食料を自給自足できる地域を作って、日本から独立したほうがいいのではないか」

なんてふざけて思った時に、ふと”独立国の作り方”で検索をしてみたんですよね。そして行き着いたのがハットリバー公国のWikiでした。以下転載です。
http://bit.ly/2UxzRJ1

1969年10月、西オーストラリア州政府が小麦の販売量割当を決定した際、ケースリーの農場に割り当てられた販売量が十分なものではなかったため、他の5つの農場と連携し政策に反対し、西オーストラリア州総督のダグラス・ケンドルーに法案撤回の請願書を提出した。しかし、請願書は無視され、さらに州政府が地方の農地を取り返す権利を認める法案の審議が進められたため、ケースリーは「経済・土地が奪われる危機に瀕した際には分離独立することが出来る」という国際法の規定に基づき独立の準備を進めた。

カースリーは「販売量割当の修正または52万オーストラリア・ドルの補償金が支払われない場合、オーストラリアから独立する」と西オーストラリア州政府に最後通告するが、これに対する返答が得られなかったため、1970年4月21日に自身が所有する75平方キロメートルの土地を「ハット・リバー公国」としてオーストラリアからの独立を宣言した。ケースリーは「ハット・リバー公レオナード1世」を名乗るようになるが、独立宣言以降も「自身はエリザベス2世の忠実な臣下である」と発言している。

レオナードの独立宣言に対し、オーストラリア総督のポール・ハズラックは「西オーストラリア州憲法に関する問題には連邦政府は介入出来ない」と発言し、西オーストラリア州政府は連邦政府が介入しない限りハット・リバーへの対応を行わないと決定した。オーストラリア首相のウィリアム・マクマホンは「領土侵害」として訴追するとしたが、レオナードは「国際条約に基いた独立」と反論し、オーストラリアの方針を無視して小麦を売り続けた。

1976年、オーストラリア郵便局はハット・リバーの郵便物の処理を拒否すると通告した。さらに、オーストラリア歳入庁がレオナードに対し納税を要求したことを受け、1977年12月2日にレオナードはオーストラリアへの宣戦を布告したが、数日後には停戦を宣言している。

1980年頃に国名を「ハット・リバー王国」と改称したが、短期間で公国に戻している。

2000年、独立30周年に際し、息子のイアン・ジョージ首相はオーストラリアの週刊誌からの取材で「父が亡くなった後も、その意志を受け継いでいく」とコメントし、ハット・リバーの存続を宣言した。

以上転載終わり。

痛快ですよね。そして独立後も「自身はエリザベス2世の忠実な臣下である」というのも好きです。自分が仮に日本から独立するとしたら「自身は天皇陛下の忠実な臣下である」なのかなぁと妄想したりしていまいた。

もちろん世界から見て日本はまだまだ魅力的な国ですし、この国をどうにかいい方向にしたいと思う気持ちは変わりません。ただ最近、考え方が変わったのは、一気に全体を変えるのは無理だろうなということ。

日本全体に自給自足を訴えていくのではなく、まずは自給自足により豊かな生活をする地域を作る。そしてその地域を各地に作っていくことで日本を、そして世界中に自給自足で豊かな生活を送る地域を広げていこうと思います。

短期の目標は

「住民が東京の2倍可処分所得があって、エネルギーと食料の自給率が100%を超えている場所」

の実現となります。もちろん地に足のついていない活動は嫌なので、今までどおり太陽光発電ムラやASPEnの活動も続けていきますが、最終ゴールを見据えて楽しんでいきたいと思います。

Himarayaでの視聴はこちらからご登録ください。コメント大歓迎です。よろしくお願いします。





にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログランキング登録しています。
日本の再生可能エネルギー推進に
賛成の方はぜひクリックをお願いしますm(_ _)m

 

※※以下お知らせ※※

(5月10日特別席広島観戦しげる会は満員御礼となりました)

【5月21〜26日 アイスランドツアーのお知らせ】

再エネ推進の理想のゴールを確認しに行きましょう。発電ムラメンバーの申込みも増えてきました。
https://bit.ly/2TpVv2l

【一般社団法人太陽光発電事業者連盟無料会員募集中】

会員数が多ければ多いほど、リスクを負って太陽光業界に身を投じている太陽光発電事業者野お役に立てますぜひご登録をお願いします。
https://www.aspen.or.jp/%2Fregister

【太陽光発電所分譲・部材情報 随時更新中】

詳細は太陽光発電ムラ市場で
http://ichiba.solar-club.jp/

 

【太陽光発電ムラ入り口&ムラ市場】

太陽光発電を一緒に推進してくださる方なら、お悩み解決や部材調達からブログで副収入を得る仕組みまで、太陽光発電に関することならなんでもお任せください。

太陽光発電ムラ入り口
http://solar-club.jp/

太陽光発電ムラ市場
http://ichiba.solar-club.jp/

【メールマガジン登録のお願い】

今後、情報発信をメールマガジン最優先にしていく予定です。下記URLのメルマガ登録フォームからご登録をして頂ければ幸いです。
http://goo.gl/9NWCk4

【太陽光発電ムラの支部について】

太陽光発電ムラが大きくなってきたので、支部ごとの活動をはじめました。

各支部への入会希望やしげる会等のの詳細、開催希望は、各支部のFacebookグループにて 直接ご連絡下さい。

北海道支部 (北海道)
https://www.facebook.com/groups/688141667951400/

東北支部 (青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
https://www.facebook.com/groups/365407093632074/

北関東支部 (茨城、栃木、群馬)
https://www.facebook.com/groups/883522534999893/

南関東支部 (東京、神奈川、千葉、埼玉)
https://www.facebook.com/groups/590680501065491/

北陸支部(新潟、富山、石川、福井)
https://www.facebook.com/groups/835846653103865/

信州支部 (長野、山梨)
https://www.facebook.com/groups/817430128321441/

東海支部 (愛知、岐阜、静岡、三重)
https://www.facebook.com/groups/1500454763562151/

近畿支部 (大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)
https://www.facebook.com/groups/1523210431269265/

中国支部 (岡山、広島、山口、島根、鳥取)
https://www.facebook.com/groups/1515838772017010/

四国支部 (愛媛、高知、徳島、香川)
https://www.facebook.com/groups/1588296678066228/

九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
https://www.facebook.com/groups/337866033060492/

 

やはり地元の繋がりでは得られる情報の質と量が全く違いますので ぜひご参加下さい。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ メールマガジン
http://goo.gl/9NWCk4

太陽光発電ムラポータルサイト
http://solar-club.jp/

太陽光発電の情報発信で副業しましょう(無料ブログ)
https://solar-club.jp/member/

太陽光発電部材が格安で何でも揃う(ムラ市場)
http://ichiba.solar-club.jp/

太陽光発電に関する疑問解決なら(ムラびと相談所)
https://goo.gl/MTMsvy

太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd

(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>