広い意味で安心の投資 太陽光発電投資の優位性

(カテゴリ: ●なぜいま太陽光発電か)
$太陽光発電ムラ仲間募集中!地球にも自分の懐にも優しい生き方を追求する新エネルギーマニア太陽王子の奮闘記 中国の需要鈍化により金が2日で 15%も暴落しました。 私も副業で食材輸入をしているので 中国の食品流通情報は入ってくるのですが、 ここ数ヶ月、中国から日本に輸出される 高級食材が急に売れなくなってきています。 これは中国共産党の幹部の贅沢が かなり引き締められているのが原因だとか。 豪華な装飾のための金も 贅沢のための高級食材も一旦景気が冷え込めば 急に価値を失ってしまうもの。 どうしても浮沈が激しくなってしまいがちです。 多少鈍化したものの、日本株の上昇は 今のところまだ続いています。 しかし、私は手を出しません。 一度痛い目にあっているのもありますが、 投資することのよって、財産の増減を 気にしてしまうと自分の心が落ち着かなくなり 毎日が楽しくなくなるからです。 やはり投資をするならなるべく普遍的な 価値を持ったものに投資をしなければ 財産を増やすチャンスには出会えても 幸せな未来にはつながらないと思います。 ▼太陽光発電投資で幸せになるか 太陽光発電投資は普通にやれば ほぼ確実に財産を増やすことが出来ますが 他のあらゆる投資に対して利回りが いいとは言えません。 利回りだけ見れば太陽光発電より ずっといい投資先はたくさんあります。 貴金属もその一つですよね。 例えば今、同じ1800万円の現金を持ち 50kW太陽光発電所投資をしたAさんと 金を1800万塩分買ったBさんがいるとします。 Aさんは20年後には 出力が80%ほどになった太陽光発電所と 現金1800万円ほどが 手元に残ることになります。 Bさんの金は20年後にどうなっているかは 全くわかりません。 10倍の1億8000万円になる可能性も ゼロではありませんし、原価割れの 可能性もあります。 リスクとリターンでは単純比較するのは 難しいかもしれません。 では両者は1800万円使って 20年間で社会に何を残したでしょうか。 Aさんの発電所は理論上、毎年Aさんが使う 全てのエネルギーを作ってくれました。 災害時の非常用電源の備えにもなりましたし 地域の新エネルギーや環境に対する 関心を高めることにも貢献しました。 Bさんはもちろん、金に投資したなんて 家族以外には誰にも話していません。 金の取扱い業者を多少儲かった程度で Bさんの1800万円は20年間 何も世の中に貢献しませんでした。 ▼生きる上でで一番重要なものは何か そして一番考えていただきたいのは AさんとBさんが20年間、どんな気持ちで 過ごしたかということです。 太陽光発電所のイメージの良さは 言うまでもありませんよね。 Aさんは投資しても受けているだけなのに 20年間、人に称賛される機会も多いでしょう。 また、国が買取価格を保証していますし 各種保障や保険もあるため枕を高くして 毎日過ごせます。 方やBさんは誰に称賛されることもなく 相場の上下動にドキドキしながら20年間を 過ごすこととなるでしょう。 よほど刺激に植えた方なら 幸せなのかもしれませんが これで精神的充足がはかれるとは私には とても思えません。 ▼生き方としての太陽光発電投資 私が出資して作った太陽光発電所が 仮に信じられないような天変地異で 価値がゼロになり借金だけが残ったとしても 私は絶対に後悔はしません。 もちろん安い買い物ではありませんから 以前書いたようにソーラーブルーには なりましたけどね(笑) でも一生の中で自分が世の中に、 自分たちの子供の世代に何かを残すとすれば 太陽光発電所だと確信しています。 もちろん金銭的なメリットも大きいですが そこだけを考えている人には情報も 集まりづらくなりますし、 心も荒み安くなりますよね。 生き方として太陽光発電投資を 選ぶ決意を持った仲間を少しでも 増やして行きたいと改めて思いました。
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>