50kW太陽光発電の未来と蓄電池 42円/kWhでは終わらない

$太陽光発電ムラ仲間募集中!地球にも自分の懐にも優しい生き方を追求する新エネルギーマニア太陽王子の奮闘記 50kW太陽光発電所には今のところ影響はありませんが 以前にも書いたとおり、4月18日に北海道電力の館内で メガソーラーを設置に対し規制がかかり始めました。 これとほぼ同時に経済産業省は苫小牧東部地域(苫東)にある 北海道電力の変電所内に大型蓄電池を導入するとも発表しました。 容量は60,000kWh、費用は200億円です。 1kWhあたり33万円と高いのはただ蓄電するのみではなく 系統への影響を考慮して充放電時の電圧変動を平滑化する 仕組みを取り入れているからでしょう。 このトピック北海道電力の太陽光発電が供給過剰になっていて ある程度の抑制を書けなければならない反面、 需給がそれ以上に逼迫していて昼間に余るであろうエネルギーを 有効活用したい北電と経産省の意図が明確にでています。 原子力発電を有効に利用するために揚水発電を 導入していたのと同様の事を 北電と経産省が太陽光発電のために実行する・・・ 日本の新エネルギーの夜明けを感じます。 50kW太陽光発電所も42円/kWhの買取価格が 20年経って終わってしまったら何の役にもたたないように 考えられている方も少なくないようです。 しかし、エネルギーがどんどん足りなくなり、 インフレが進む未来において 今より買取価格が下がることはないでしょう。 逆に10年後には42円ではなく50円や100円で 買い取られる可能性も十分にあります。 その際にキーとなってくるのが蓄電池です。 もし将来、買取価格が上がったとしてもそれは 今のように無条件で同じ価格で買い取るのではなく 足りない時に足りないだけ高い価格で買ういわゆる 「ネガワット」制度の先をゆく仕組みになることでしょう。 紙幣は政府保証の紙切れ。価値は常に大きく変動します。 1kWhの電力が出来る仕事の量は永遠に変わりません。 信じるならどちらを信じるか。 今ならリスクは政府が持ってくれます。 悩む必要はありませんよね。
太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>