味噌汁ダイエット始めました お昼ご飯を味噌汁にして3kg落とします

(カテゴリ: その他)

年末からの不摂生で体重がなかなか増えてしまいました。

1年前は70kgまで行きました。

そこから落とすのもなかなか大変でしたが、今年はなんとか67.5kgでセーフ。

 

冬休みに長男を煽りながら意地になってスクワットをやりまくったのがよかったのかもしれません。

 

しかし、それでも無駄な肉は落とす

どんどん太っていってしまう自分が嫌なので落とすことにしました。

とはいえ冬の間は運動はほとんどできない新潟。

食事療法をすることにしました。

2019-02-05 19.10.52

 

これです。

 

味噌。

 

同封されたチラシは思いっきり太陽王子谷口さんw

 

やり方は「お昼ご飯を辞めて味噌汁にする」というもの。

ファスティング専用の生味噌で、ビタミンやミネラルもちょうどよく配合されています。

菊芋や椎茸、ヨーグルトなども混ぜられていている100%ナチュラルな食品。

味噌はプロテイン満点なので筋肉も落ちません。

 

昼に300mlの味噌汁と同僚のお湯を飲み、3時半くらいにもう一回飲みます。

 

お昼はこれだけ。

お腹はすくっちゃすきますが飯を抜いているほどではないです。

 

僕は混ぜる時は・・・ プロテインシェイカー

2019-02-06 12.18.53

僕の場合はプロテインシェイカーでガシガシ混ぜます。

 

まずは水を150ml入れて味噌を大さじ1。

 

2019-02-06 12.19.38

んでがしゃがしゃ混ぜて、同量のお湯を注いでぬるめの味噌汁の完成。

 

ファスティング専用商品を使うと何がいいか

僕が今回使っているのはファスティング専用の味噌です。

なんでわざわざこんなものを使っているのかご紹介します。

入金確認後5日以内発送★楽しく美味しい味噌ファスティング専用ペースト THE KOJI美人 900グラム

 

 

<コストメリット>

結構高いんですが、それでも昼に食ってたラーメン代よりはさすがに安いです。

<栄養メリット>

昼を抜くとなるとカロリーもごっそり減りますが栄養価もそのまま落ちます。

しかしこの味噌はたんぱく質、ビタミン、ミネラルはバランスよく配合されているので栄養不足の心配は無用。

 

また塩分をしっかり取れるので「断食の地獄の苦しみ」みたいなものはありません。

<結果メリット>

当然ながらあっさり痩せられます。

当面は1ヶ月で2kgしっかり落とそうと思ってましたが、、、

あっさりこれ超えれそうな予感。

1ヶ月で3kg落ちたらそれはそれであとはキープするだけでいいかも。

 

発電所の下で大豆を育てるのもいいかも

実は大豆ってあんまり手間がかからない食材みたいです。

発電所の下で大豆育ててみようかな・・・

 

************* お知らせ *****************

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

<信販・金融機関紹可能>【頑固職人プロデュース案件】鳥取県日野郡分譲 39.3kW867万円(税込)

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>