法人と個人のABLは何が違うか。総額7700万借金してようやくここまでわかった!

本日地元の地銀で融資の契約を結んできました!

スクリーンショット 2018-03-23 20.49.30

 

 

散々今までお伝えしてきたとおり法人でのABLですので押印する量が半端ない。

契約書は三通(銀行、自分、法務局)

借用書に保証人(法人の個人保証)

振込依頼書

先日は司法書士さんに委任状をお願いしてます。

 

法人と個人のABLは何が違うか1 譲渡担保が違う

今回の契約でよくわかりました。

最大の違いは譲渡担保の設定方法です。

譲渡担保とはパネル、パワコン、架台などの「上物」です。

 

個人の場合は上物の動産担保は担保設定契約書を結んでもそれを法務局で登記することができないのだそうです。

ただの契約書になってしまいます。

契約書では何かがあった時の対抗要件としては「甘い」のでなかなか個人向けのABLはやろうとはしません。

そこで前回は「確定日付」という方法を使って公正証書化し、「この契約はバッチリあるんだよ」という存在証明をかけたという形です。

 

一方、法人の場合は動産担保を登記することができます。

登記することができればその「存在証明」は明白。

何かがあった時の対抗要件としてもバッチリです。

 

これが最大の違い。

 

太陽光発電ムラ市場

個人と法人のABLは何が違うか2 保証人と団体信用保険

もう一つわかったことがこれ。保証人と団体信用保険です。

 

個人の融資の時に団体信用保険の加入をお願いされました。

しかし事業性融資なのであまり意味がないので断ったんですが、なんと本部から「必須条件」として断り返されてしまったということがあります。

団体信用保険(団信)は太陽光発電投資の信用保護に寄与するか?

↑の記事では団体信用保険は事業性を毀損するのでよくないという書き方をしていました。

 

しかし法人のABLを組んだ時にはこの団体信用保証の加入は求められませんでした。

なぜか。

それは法人融資の保証人に僕個人がなれるからです。

 

これもちょっとナンセンスなんですが、一応形としては「保証人がついた融資」になるわけです。

ところが個人の場合はそれができないので(保証人は金融庁から結構厳しく「やめようよ」と言われている)団体信用保証の加入を義務付けたと言うことなんだと思います。

 

ですが、これはやっぱりちょっと筋悪です。

 

法人の個人保証人に僕個人がなることが、何か信用を向上させているかというと。。。。

 

これ個人向けの融資と全く変わってません。

 

この辺は「信用保全ゴッコ」の匂いがしますね。

こんな感じで舐めたことを言っているhamasakiさん。

 

来年の今頃はまた違う事実を発見して「1年前はこんなブログを書いていましたが」なんて記事を書いているかもしれません。

と言うわけで本日も世の中の仕組みを一つ理解しました。

 

************* お知らせ *****************

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

<信販・金融機関紹可能>【頑固職人プロデュース案件】鳥取県日野郡分譲 39.3kW867万円(税込)

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

みなし認定申請と標識看板の設置は無料で実施します!

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>