6月22日 神戸でセミナー開催! 僕も講師を務めます! 230万円の頭金で発電所を6基持った方法

 

2017-12-02 11.52.10

 

さぁ、いよいよ来週に迫った神戸の「発電ムラ融資セミナー」。

発表者の僕も力が入ってきます。

>> 申し込みフォームはこちら

3月30日からまた借金を3500万ほど増やすことに成功しました。

今回は信販会社を使いましたが、いろいろコツみたいなものも見えてきましたのでそこも発表します。

 

まだ仮説段階ですが僕はこれは堅いと思います。

課税事業者を選んだときは税込経理をした方が信販や融資に強くなるのではないかという説です。

 

いろいろ考えると出てくるものですね。

必要は発明の母。

 

しかし3年前まで僕がセミナー講師を務めるなんて誰も思わなかっただろうなぁ。。

3年前の今、僕は借金は住宅ローンの1000万円しかありませんでしたから。

 

230万円の頭金だけで1億円の借金をして6基の発電所の契約をした方法

細かい中身はセミナー当日ですが、、、

 

鍵は「銀行融資の理屈を理解する」ことと「本気になって融資を取りに行く」「隠れた実力を全部使う」「情報を最大限利用する」「決算対策をマックスにして成績を上げる」「銀行員のレベルを上げ、ラスボスを倒すための装備をプレゼントする」こんな感じでしょうか。

 

これをしっかりじっくりやっていくと

 

<2016年11月>

・230万の自己資金と2000万の公庫融資で1基

⇨ 消費税還付150万

<2017年11月>

・4100万フルローンでセカンダリ案件2基

⇨ 消費税還付300万

<2018年9月>

・還付金から200万を頭金に1800万の融資で1基

・230万の土地を1つ

<2019年5月>

・信販で分譲物件1つ (契約済)

・信販で土地に権利をつけた物件に1つ

 

>> 申し込みフォームはこちら

 

こんな感じで案件を増やしていくことができます。

もちろんこれは全部過去の方法です。

でも、これをやった理屈と行動原理がわかれば、皆さんだって同じような原理原則で動くことができるはずです。

 

やみくもに努力するのではなく、努力の方向がわかる。

これはすごく大きいことです。

全力で漕げば必ずつくというのと、大海原でどこに向かえばわからないというのでは岸にたどり着く確率は全く異なります。

 

初心者が最短距離を、最速で進む方法を僕がお教えします。

 

************* お知らせ *****************

6月22日 神戸で発電ムラ融資セミナーを実施します!

>> 太陽光発電ムラ 融資セミナー申し込みフォーム

>> 年収300万サラリーマンでも2年で5基できた 今から増やす太陽光発電セミナー

わたくし借金大好きhamasakiさんも講師を務めます!

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>