200%超過積載時代のシミュレーションと実際

(カテゴリ: 未設定)

32円時代、49.5kwパワコンに対して
パネルは60kw程度までしかメーカーは
保証していなかった。
この頃のシミュレーション値は
実際設置すると15%くらい上振れするのが
普通で、皆喜んで「今月も沢山発電した」と言っていた気がする。

当時は実際には年間8万キロ発電する場合でも
15%程度減らして64000kwの予想と
シミュレーション値を出していたので
こういった結果になる場合が多かった。
(良心的なところは15%減らして提示するが
 そうでないところはそのまま提示していたと思う)

現在49.5kwパワコンに対して
パネルは105kw前後までメーカーは保証している場合が多い。

ただし、発電の12%以上は捨てられるため
例えば105kwのパネルだと年間11万キロくらいの
シミュレーション値をメーカーは出すが
実際に稼働した場合、
月によってはマイナス数%~プラス数%の結果となって
「大きくシミュレーション値を上回る」ということは
減っているように思える。

逆に「今月はシミュレーションより少ない」という声も
前より多く聞かれる

でも、それはそれで仕方がない気がする
例えば105kwのパネルで年間発電予想が
93500kw(11万キロの15%減)と
提示されたら、「えっ、たったそれだけ?」となるし
逆に125000kwなんてシミュレーションを出したら
「ピークカットを考慮していないでしょ?
 こんな業者は信用できない!」
となるので、本来の加工していない
シミュレーション値を出さざるを得ないんだろうと思う。

そういえば、最近、パネル110kw位で
年間発電予想13万kwとかのトンデモ・シミュレーション値を
見かけなくなった。

まだこんなシミュレーション値を出している業者が
存在しているんだろうか?


太陽光発電ランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
↑のランキングには、私が太陽光を始める際に参考にして、
現在は私の知り合いとなっている方が何名か情報発信をしておりますので
合わせて読んで頂けると良いかと思います。

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す