24円申請、まだ間に合う?

(カテゴリ: 未設定)

最近はいくつかの不動産業者と仲も良くなったので
この時期でも良い土地が見つかると連絡を貰えます。

【その他ミニ情報】
少し前に編み出した、クラピアのずぼらな移植方法

「もし今日新たに土地を紹介して貰ったらまだ間に合うか?」
微妙な気はしますが、私なら最後まであきらめず
ぎりぎり間に合うと思って動きます。
(この2年、複数の施工業者にも知り合いが出来て
色々な動きが取れるようになったので、他の人よりは効率が良いかも)

経済産業省に申請すれば11月末か12月頭には
処理が完了し、その後中部電力への申請となりますが、
3月末までに負担金が出るか、なかなか微妙なタイミングです。
(実はこれから、人に頼まれた分も含めて10か所以上申請する予定)

もし、3月末までに負担金が出て、負担金を今年度中に振り込んでおけば
24円の権利が確保できて3年の猶予が出来ます。

3年あれば融資も何とかなるだろうし、
駄目なら誰かに権利を譲れば良いかなと思っています。

上手くすれば2年後には、所有する発電所の
パネル合計でメガ越えが出来るかも・・・なんて考えています。

前向きに考えるのが一番なので
とにかく最後まであきらめずに頑張ります。


太陽光発電ランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑のランキングには、私が太陽光を始める際に参考にして、
現在は私の知り合いとなっている方が何名か情報発信をしておりますので
合わせて読んで頂けると良いかと思います。
また、クリックして頂いて、私のブログがランキングに顔を出せば
私自身のモチベーションもアップし、記事の更新も増えるかも知れませんので
クリックして頂ければ幸いです。

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

4 Comments

kanshimania

当方の理解では、
接続契約を締結(電力会社との契約)が
2017年3月31日迄に出来れば24円の権利を
確保出来るが、そうでなければ24円の権利は駄目という認識でした。
毎年(場合によっては年度の途中でも)ルールが変わるので、色々とややこしいですね。

vfr4

経済産業省からの通達ですので電力会社は関係なしです。以下、引用。
電力会社との接続契約には時間が必要なため、猶予期間内に接続契約を締結すれば、現在制度のままで改正後FIT法の下における認定とみなされます。例えば、平成29年3月1日に認定を受けた場合は、制度開始予定日(平成29年4月1日)まで1ヶ月間と短い期間しか残されていません。そういった認定から新制度の施行日までに十分な期間(9ヶ月)を確保できない場合は、認定から9ヶ月の猶予期間が設けられます。

kanshimania

コメントありがとうございます。
東京電力、中部電力、関西電力…電力会社で若干ルールが異なってくるようですが、
「9ヶ月以内に電力会社との接続が出来ればOK」
と言うのはどの電力会社でも大丈夫でしょうか?

vfr4

来年の3月末までに経済産業省の認定が通れば、以降、9ヶ月以内に電力会社との接続が出来ればOKです。まだ、間に合います。

コメントを残す