発電事業者ができること「非常用電源」

(カテゴリ: 非常用電源)

タグ:

ご近所さんとは仲良くしたい

電気業は電気を使ってくれる人がいるから成り立つ事業です。
自宅付近でも、ちょっと馴染みの無かった場所であったとしても
そこを自分の土地として家を建てれば、まわりはご近所さんですね。

発電所を建てたとしても、周りはやっぱりご近所さんですね。

そんないつもお世話になっているご近所さんに何かできる事はないかな?
と考えて自分ができること「太陽光発電」で何か役に立てないかと考えました。

そしてたどり着いた1つの答えが「非常用電源設備」です。

お守りを増やしたい

停電を伴う災害が発生した場合は、うちの太陽光発電所で作った電気を自立電源として開放し
ご近所さんに使ってもらいたい。
昨今では携帯端末の充電はどんな時でもしたいものです。
うちの太陽光発電所の出力ならそれこそ地域中の携帯端末をつなげても大丈夫です。

うちの太陽光発電所は小学校のまん前です。
災害避難所にもなっている小学校からすぐの太陽光発電所。

IMG_20180811_114050

 

そこにフェンス外からAC100Vコンセントをつないだら電気が使える仕組みを作りました。
現在は予算の関係で、パワコン2系統から1.5kWの合計3.0kWとケーブルドラムです。
実は、太陽光発電所って停電していると売電できないんです。
系統が停電していると安全上の理由でパワコンは売電を止める動きをします。
技術的にも太陽光発電所のパワコンは系統の周波数にあわせて系統に有効電力を送り込んでいきます。
つまり、停電しているとタイミングを計れないのでパワコンはとまってしまいますので
発電が止まります。
発電が止まると、太陽光は全て熱に変わり何も生まれません。
んじゃ、停電すると太陽光発電所って役立たずなの?というとそうでもありません。
パワコンには自立運転モードというのがありまして、これまた法規の都合で1.5kWまで
電気を取り出せます。
そうです、自立運転モードにすることによってどのみち熱になってしまうエネルギーを地域の人に使ってもらえるのです。
なので、普段は売電しながら「いざという時に」地域に貢献することができるのです。

どうやってやるの?

では、具体的なやり方です。弊社は「next energy 5.5kWパワコン SPSS-55C-NX」です。
自立運転については、パワコンの動作周波数(60Hz)と自動切換(自動)の設定値を変更するだけで、停電すると自動で自立運転になり、復電すると通常運転に自動で切り替わる設定にできます。
IMG_20180811_071527 (1)
交流側のブレーカを落として停電時の動作試験。ちゃんとランプついていますね。
IMG_20180811_071608
復電時にもちゃんと自動で運転モードになります。(起動までは5分かかります)
IMG_20180811_110828
施工時に自立コンセントをつけてもらっていたのですが、太陽光発電所に入ることが一般の方には敷居が高いと思い。
IMG_20180811_110450
延長コードを用意しました。
IMG_20180811_113117 (1)
そして、コンセント先端にサージ対応タップをつけて、電源状態が確認できるようにしました。
IMG_20180811_114111 (1)
ラックに収納して、防水処理をして完成です。
ちょっと安っぽいかもですが、地域の「お守り」が完成。
使い方は超簡単にしましたが、簡易取扱説明書作ってご近所さんに説明しています。
作った側からすると「活躍して欲しい」ような気もしますが、活躍することなく役目を終える事を祈るとします。

 

あなたもやりませんか?

私1人なら地域に数基の非常用電源です。
10人の方が賛同されたら数十基です。
100人の方が賛同されたら数百基です。

「地域に貢献したいという想い」や「みなさんの再エネへの想い」を是非、地域の皆さんに知って頂く
そこから一緒に始めませんか?

 

人気ブログランキングへ


太陽光発電ランキング
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

 

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

7 Comments

ごましお

コメントありがとうございます。
そうですね。直流側に安全に蓄電池を繋ぐ技術が普及すれば24時間対応も夢ではなくなりますね。

sun33

やっぱり、夜は使えない。これが最大の欠点です。
トラック・バス用の大型バッテリーを充電した後に再度交流に変換する事で複数のパワコンの並列運転が可能になります。
監視系の電源が台風の停電で3日間停止してしまいました。
自分の為にも自立運転が必要でした。

modemode

ご教授の程ありがとうです。オムロンKPMシリーズです、この機種は自動での自立運転はできないようですね。手動では現場に行かないと自立コンセントが機能しない・・・残念です。

ごましお

コメントありがとうございます。
パワコンの機種はどれでしょうか?
例としてシェアが多そうなKPMシリーズを確認してみます。
https://www.omron.co.jp/energy-innovation/doc/pdf/kpm-sj4_manual.pdf
P10に記載されています。
「ブレーカ」操作とパワコンのところにある「運転スイッチ」操作が必要のようです。
登録ユーザサイトにある施工マニュアルを見ましたが、自立運転の設定値がないため、手動操作が前提となるようです。
せっかくの設備ですので、説明書+手動切り替えで非常用電源を実現されてはいかがでしょうか。

modemode

初めまして。
ご存知でしたら教えてもらいたいのですが、当方はパワコンがオムロンですが、自動で切り替わる事が可能でしょうか?

ごましお

いいですねー。是非ご計画中の発電所でチャレンジ頂けると非常にうれしいです。
不明点などありましたらご質問頂けましたら、出来る限りの範囲ではありますが、ご協力出来ると思います。

hanatoya

興味深い取り組みです。現在所有の発電所は人里離れた山奥なのでイノシシやクマのためにしか役立たないと思います。現在計画中の発電所が小学校に近く、同じような事が実現できるかもしれません。

コメントを残す