【買取単価改定に注意】ハンファQセルズ285W( Q.PLUS BFR-G4.1)が手に入りにくくなっています

価格と品質(保証を含めた)のバランスがいいと評判のハンファQセルズの

Q.PLUS BFR-G4.1。

このパネルの285Wが手に入りにくくなっています。

数ヶ月待ちは当たり前という状態で、商流によっては発電効率を下げた280Wに変更できないかと持ちかけられる例もあるようです。

この時注意しなければいけないことが「電力会社との契約時期」です。

下手をすると買取価格が改定されてしまう可能性があるので注意してください。

1.変更OK! 平成28年8月1日以降の電力会社との契約の場合

簡単に言うと24円案件の後半で電力会社から負担金回答をもらったという案件の場合です。

この場合、パネルの変更が自由にできるという認定になっています。

ですのでメーカーも変えることができますし、パネルの種類(多結晶・単結晶)も変更できますし、発電効率が下がるような変更も可能です。

 

あとは理由が理由なのでパネルの価格に注意したいというところでしょうか。

 

太陽光発電ムラ市場

2.変更すると価格が変わる可能性あり 平成28年8月1日以前の電力会社との契約の場合

こちらは要注意です。

24円の前半(8月1日以前)で電力会社から負担金回答をもらっている場合、パネルの変更ができません。

 

可能なのは同じメーカー・同じ種類(多結晶・単結晶)でかつ発電効率が上がる場合のみ。

 

つまり今回のように「285Wが手に入らないから280Wで」というような変更をかけてしまうと買取単価が取り直しになってしまいます。

今だと21円です。

32円案件などで285Wに変更をかけていたような場合は要注意です。

 

「メーカーが売ってくれなくてどうしても手に入らない」という場合でも買取価格は保全されない可能性があります。

 

特例はメーカーが潰れた場合のみ。

それ以外は個別案件に成るというのが経済産業省の新エネ課のスタンスでした。

 

ここは要注意ですね。

********** お知らせ ************

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

  

【36円高利回り!】発電ムラオリジナル分譲物件 全30区画の中残り20区画!

【頑固職人&太陽光発電ムラオリジナル分譲】 利回り11.8% 71.82kW 2420万円(税込)

36円物件、アテルイの里第2工期です。

地主さんのご希望で1人1区画限定です。

岩手の英雄アテルイの地に一人でも多くの人が関わって欲しいと言う思いから生まれた物件です。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

みなし認定申請と標識看板の設置は無料で実施します!

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

 

【稼働中物件につき表面利回り 10%以上確定!】

高い発電単価と実際の実績が見えることが売りの稼働済み太陽光発電所の情報をお知らせしています

解説ページはこちら

稼働中発電所はこちら

《1月12日 価格再設定!》【稼働中物件】宮崎県西都市39.78kW 16,980,000 (税込)

上の物件は売電期間が少しずつ減ってきていることもあり価格を再設定いたしました。

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>