全ての発電所は抑制される!事業者に届いたメールの正体

先日、再生可能エネルギー電子申請からメールが届きました。

皆さんのところにも行っているはずです。

 

内容は2つ。

 

1つは廃棄費用の強制積立について。

たびたびYouTubeで取り上げていましたが、この筋の悪い積み立ては予定通りスタートします。

 

1つ目は旧ルール事業者、新ルール事業者の出力抑制制御について。

これまで「当面は対象外」としていた500kW未満の旧ルール事業者もついに抑制対象にするというメールが来たのです。

 

得意の後出しジャンケン!

得意の後出しジャンケン炸裂!と誰もが思ったと思います。

 

ですが、実は元々旧ルール事業者(いわゆる抑制なし物件)の出力抑制制御は制度上組み込まれていて、いつ抑制制御を始めることにするかという時間の問題だったのです。

 

 

 

「当面は対象外」だったものの「当面」が無くなっただけなのです。

問題はそのやり方です。

 

当時のパワコンは抑制対応になっていないものがとても多いのです。

そうするとパワコンを買い替えたり、高額な抑制制御機器を後付けする必要があります。

 

山洋電機で見積もりを取ると回答は驚きの100万円オーバーです。

パワコンがいいとこ200万なのに制御装置で100万円。

しかもこの100万円は何も利益を生まない費用なのです。

 

 

ということで国の制度では2つのやり方が検討されています。

 

1 オンライン制御

今説明した制御機器を取り付けるやり方です。

監視装置がそのまま抑制機器を兼ねるものは追加費用を抑えながら取り組むことができます。

 

2 代理制御

今回出てきたのがこの代理制御です。

自分の発電所は制御機器を取り付けません。通常に発電し、送電します。

しかし、売った分は売電金額から差し引かれ、経済的に抑制があったものとみなされます。

 

代わりにオンライン機器を取り付けた発電設備から代理で制御をし、その分のお金は代理制御をした発電所のオーナーが受け取る形です。

 

 

太陽光発電ムラ市場

代理制御に経済的メリットはあるか

国全体を見ると、代理制御により、無駄な出費が抑えられることは間違いありません。

ですが、そもそもオンライン機器を取り付ける義務がない中、オンライン代理制御の役割を担ってくれる発電所がどれくらいあるのでしょうか。

 

今の所、古い発電所を持っている人は代理制御の一択のはずです。

経済的なメリットが一切ありません。

 

それではこの仕組みはうまく回らないような気がします。

果たして一体どうなるのか。

 

実は電話で問い合わせてみました

メールにあった電話番号に問い合わせてみました。

いつも通りの塩対応です。

 

・細かいことはこれからエネ庁、電力会社から公表される

・22年度以降実施

 

22年度以降ってあと5ヶ月なんですが・・・

 

 

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

https://www.youtube.com/watch?v=AqBi5Nn_ruY

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>