消費税増税賛成! 現役世代は社会保障費用を消費税で賄ってもらったほうが圧倒的に得

(カテゴリ: 日本)

 

現在日本の消費税は10%。

10万円のものを買うと1万円の税金を支払うことになります。

 

僕が小学生の頃に導入された消費税は当初3%で、大学に入った頃(95年頃)5%に、社会人になってから8%、10%と上がってきています。

 

元々無かった、税率が低かったわけなので上がるとどうしても

 

「高いなぁ」

「消費税なければなぁ」

 

と思いがちです。

 

ところが今日Twitterで「社会保障を考えると消費税を上げたほうが現役世代は得」という意見を目にして大いに納得しました。

 

僕らの給与からは社会保障費用が抜かれていますよね。

さらにサラリーマンの場合、会社が年金を半分支払っていると言うことになっていますが、どう考えてもあれは働いている個人が払っているものです。

 

会社からすると人件費に連動するお金なので人を一人雇うときに額面にプラスしてかかる費用としてカウントしています。

 

社会保障費用が低ければもっと手取りは多くなります。

今の多くの日本人は20%〜25%が社会保障費用と所得税で取られているはずです。

 

社会システムなので仕方がないことなのですが、問題は日本が超少子高齢化社会になっていることです。

 

現役世代が少なく、子供はさらに少なく、国民の大半が高齢者という社会がもうすぐ出来上がります。

 

こうなってくると社会保障費用の歳入を労働者現役世代からの年金、所得税に頼っていると必ず破綻します。

 

そこで消費税な訳です。

消費税であれば年金を受け取っている人たちも、お金を使うときに必ず納税しなければいけません。

現役世代が少なくなり、収入も足りていないのです。

国民全員から広く集めるには消費税しかありません。

 

年金受給世代からすると「ちょっと待てよ!」と思うかもしれません。

ですが、このやり方をしないとそもそも年金が破綻する以上、この選択肢しかないわけです。

 

年金受給者にも色々なパターンがいて、資産をたっぷり持っているけど、収入が少ないと言う方もいます。

こう言う方はお金をどんどん使ってくれます。

多少消費税が上がっても問題ありません。

 

逆に、資産が少ない方は年金からやりくりする必要があります。

大変ですが、そもそも年金が破綻してしまうことを考えれば仕方がないことです。

 

問題は、この政策に舵を切ると老人世代から嫌われる可能性があると言うことです。

政治家に苦手な「国のための決断」をしないといけません。

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

https://www.youtube.com/watch?v=AqBi5Nn_ruY

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>