発電所の無断増設? 確かにあり得る!!!

今回の「総合エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会」で太陽光発電所の無断増設の話が出てきました。

 

総合エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会

上記資料の最終ページです。

スクリーンショット 2020-10-26 17.59.39

 

画面が小さくてみにくいでしょうが29pにこのように書かれています。

 

これまで、費用負担調整機関(GIO)において、設備利用率が一定以上の案件については、認定情報と異なる形で発電され
ていないか電力会社にも確認を行うなどし、適正な案件に対して交付金を交付するよう対応していた。
 しかしながら、情報提供フォームへの相談や設備利用率のデータに基づくと、認定情報と異なるパネル枚数(無断増設)や蓄電
池増設を無断で行って発電している疑義のある案件が依然として後を絶たない。

 

なるほど。

増設は超簡単に利益を増やせるのでさもありなんですよ。

国民負担がどんどん上がってしまうので、事後的増設は2017年に事実上禁止されました。

しかし、それでも無断でやっている人がいるのではないかというのが今回の議事内容に出ているのです。

 

 

 

根拠としてはそのページの右下に書かれているこの表。

スクリーンショット 2020-10-26 17.59.46

 

 

報告されている過積載率と、当該過積載率の場合の一般的な発電所のそれぞれの「設備利用率」を比べているわけですね。

 

設備利用率は事実上過積載率に比例しますからこれはさもありなんな訳です。

 

なんですがこの設備利用率40%という数字。

これ、太陽光だけでは不可能な数字だと思いませんか?

24時間365日フル稼働が100%で、そこを基準に40%も発電しているというのです、。

 

スクリーンショット 2020-10-26 18.08.28

 

こちらは同じページにある過積載率と設備利用率の相関関係です。

過積載率250%で普通の設備では設備利用率は24%。

そりゃそうですよ。

 

それが40%も動いているわけですから尋常ではありません。

 

設備利用率40%はどんな状態か

実は計算は簡単です。

低圧マックス 49.5kWで考えてみましょう。

この場合設備利用率100%は

 

49.5 ×  24時間 × 365日 = 433,620kWh。

これが設備利用率100%の状態です。

これが25%だと年間発電量が108,405kWhになります。

何だかみたことがあるレベルになってきましたよね?

逆に40%というのは低圧で年間174,448kWh発電しないといけません。

 

これ、どれだけ増設過積載をすれば実現できるのでしょうか?

(続く)

 

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

sun33

私の電力の検針員のおばちゃん(お姉さん)は、会社から違法設備がないか、チェックする様に指示されているとの事。フェンスの状況など目視点検されています。逆に発電低下があれば、任意(親切)で連絡するとの事でした。

Reply
借金大好きhamasakiさん

それ、ありがたいですね。

国が電力会社にその指示を出せば、かなり摘発も進みます。

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>