締め切りは2月16日 事業計画(設備認定)の期限切れにご用心!

(カテゴリ: a&veinと再生可能エネルギー)

例によってJPEAに100回電話攻勢を仕掛けていました。

densya_kakekomi

 

 

 

 

お客様からご依頼されていた案件で「接続同意証明」に漏れがあったことです。

電力会社が「この土地、この容量は接続可能です」と返事を出すことを経済産業省は「接続同意」という表現をします。

 

そして昨年から始まった経済産業省の「事業計画認定」というスキームでは電力会社が出す書面を持って「電力会社の接続同意を得ている」とみなします。

 

ここで問題になるのがその同意書面です。

 

常識で考えると「電力会社の出す連系負担金の回答文書」が接続同意を示す書類になるはずです。

ところが経済産業省が想定している文書は「系統連系に係る契約のご案内」という文書なのです。

 

別にその独特の文書を想定することは大きな問題ではありません。

最大の問題はその「系統連系に係る契約のご案内」という文書が中部電力などの電力会社からは一切送られてこないことなのです。

 

つまり、送られてこない書類を出さないと「接続同意とみなさない」というのが経済産業省のスキーム。

正解は電気工事会社、もしくは電力会社に催促し、わざわざ別にこの書類を発行してもらう必要があります。

 

経済産業省はどうやら経済・産業の生産性を落としたくてしょうがないようです。

 

ちなみにこの接続同意書面ですがJPEA電申請代行センター上のシステムで「不備」にならないと追加で提出することができません。

 

もし、2月16日までに不備にならなかったら、、、

システムに登録することができず権利自体が落ちてしまいます。

 

手元に書類があって、いつでも出せる状態なのに、経済産業省のシステムに登録できないという謎の理由で申請不備。

 

不備の返事が返ってこないという謎の理由で不備です。

 

すごい。

 

なんだこの謎のインターネットシステムは・・・

 

というわけで鬼の100連発電話を仕掛けていましたが、なんと別件でJPEA側から電話がかかってくるというラッキーイベントが発生。

 

無事「早く不備にしてください!」というプッシュをすることができました。

少しホッとしました。

しかし10月に申請した案件でまだこの状態。

効率化と程遠いこのシステムは本当に嫌になります。

********** おしらせ ***************

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

抑制なしの九州セカンダリ物件(40円物件)

【稼働中物件】鹿児島県大隅町55.08kW 2400万円 (税込)

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

私が実際にやった融資獲得セミナーの動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

  【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

みなし認定申請と標識看板の設置は無料で実施します!

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>