苫東厚真1号機復旧へ 北海道電力のジレンマとオフグリッドの必要性

スクリーンショット 2018-09-18 17.36.35なかなか復旧しない北海道の電力事情。

観光が一大産業である事から考えても「節電要請」はとても痛いはずです。

先日北海道電力は水力発電設備を復旧させ、電力供給は安定化してきています。

今回の苫東厚真の1号機が動けば当面の需要には対応できるそうですのでまずはひと段落ということになります。

北海道電力の辛いところ

僕もそんなに詳しくないんですが、北海道電力の辛いところはある程度想像がつきます。

まずは何と言っても物理的に本州と離れているというところです。

そのため電力の連系設備もあまり強くありません。

また土地がとても広いという点もインフラ的には辛いところ。

投資がどうしても大きくなります。

その上超少子高齢化が見えていて、昨年538万人だった人口は2040年には419万人に減少してしまうと言われています。

20年で人口が2割も減るわけですから、インフラ投資がどうしても追いつかなくなります。

これも辛いところです。

JR、電力、ガス、郵便、病院、道路維持などありとあらゆるインフラで同じ減少が起こるはずです。

日本で一番最初にオフグリッド電源が必要になる都道府県は沖縄か北海道かもしれません。

沖縄は離島で 北海道はインフラ維持の観点で 理由は異なりますがある意味一番確実です。

************* お知らせ *****************

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

<信販・金融機関紹可能>【頑固職人プロデュース案件】鳥取県日野郡分譲 39.3kW867万円(税込)

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

みなし認定申請と標識看板の設置は無料で実施します!

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>