過積載とパネル角度の考察 最適角は何度なのか問題

NEDOの日射量からピークカットをどう予測するか

昨日のブログの続きです。

 

昨日、NEDOの日射量データの見方とその評価、そしてピークカットへの影響について書きました。

今日はもう少しマニアックな見方をご紹介しようと思います。

 

http://app0.infoc.nedo.go.jp

まずは日射量データベースです。

 

ここで例えば三重県津市のデータを見てみましょう。

スクリーンショット 2020-04-03 18.53.12

 

 

 

ここの年間発電データはこのような形です。

 

 

 

スクリーンショット 2020-04-03 18.54.29

 

 

ここで注目すべきは日射係数が4前半以下の月です。

今回のデータでいうと9月〜3月です。

この時期はピークカットはありませんから日射がもろに効いてきます。

10度で設置した場合の日射ピーク以外の平均売電は

さて、10度で設置した場合の日射ピーク(4月〜8月)以外の月の平均日射量はというと・・・

計算すると3.38でした。

仮に99kWの発電所を作ったとすると一月あたり15万3千円の売電ということになります。(18円消費税なしで計算)

 

太陽光発電ムラ市場

20度で設置した場合の日射ピーク以外の平均売電は

では20度の場合はどうでしょうか?

平均すると3.67です。

同様に99kW18円の発電所だとすると1月あたり16万6千円。

 

その差は1.3万円です。

年間にすると9.1万円。

 

二十年間では約180万円の差額です。

 

この計算がリアルに成り立つのはどんな状況か

自分で権利を持っている人はもうピンときてると思うんですが、このケースが成り立つのは「自分で過去の権利を持っていて、パネルを最新モデルに変更した場合」です。

例えば280Wで申請していたものを360Wに変更するとします。

360枚必要だったものが280枚でよくなってしまうのです。

 

必要な面積が少なくて済むのですが、過去の認定は動かせませんからパネル枚数を減らさざるを得ません。

 

その時、こういった考え方で、どこを最適化するとより良い収支になるかを考えることができるのです。

 

これまでは春〜夏のピークをもれなく発電するように最適化してきました。

しかし、そういった形で最適化されている発電所のパネル性能が大幅に上がってしまった場合、今度は「冬の発電に角度を合わせて最適化する」という作業を行った方が発電収支が良くなるということが起こりうるのです。

 

 

************* お知らせ *****************

太陽王子谷口プロデュース こだわりの発電所

発電ムラプロデュース【18円】徳島県三好市三野町 99.0kW 1,900万円(税込) 発電所 ⇦完売

発電ムラプロデュース【18円】徳島県美馬市 92.16kW 1,810万円(税込)太陽光発電所 ⇦完売

発電ムラプロデュース【18円】徳島県吉野川市山川町 89.7kW 1,932万円(税込)

発電ムラプロデュース【18円】徳島県鳴門市 96.0kW 2082万円(税込) 発電所  ←完売

ソーラーエッジによるパネル単位監視 25箇所ものこだわり地盤調査 除草込み年間8万円の安心O&M 痒い所に手が届く、30年のビジネスを念頭に置いた発電所。

融資の枠があれば僕が買いたかった案件です。

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>