12年後に始まる(かもしれない)パネル大量廃棄をどう捉えるか

FIT制度が開始されたのが2012年の7月。

20年の事業ですからあと12年でFIT期間が終了します。

その時のことで懸念されているのがパネルの大量廃棄問題です。

FLIR0450

パネルの廃棄はどうするのか

パネルの廃棄は産業廃棄物扱いになります。

産廃業者さんに見積もりを取り、お金を払って処理してもらう形です。

処理としてはパネルの重量の大きな比率を占めているガラスをどうするか。

これが最初の山です。

 

そして次に出てくるのが配線で出てくる金属類でしょう。

ここにどんな物質が使われているかで処理がいろいろ変わってきます。

最近のパネルは処理をしやすいように危ない素材は使われないようになってきていますが、FIT以前の規格のパネルは要注意かもしれません。

 

太陽光発電ムラ市場

その前に、パネルの大量廃棄は起こるのか

20年たったパネルはどんなパネルでしょうか。

実は、これまだまだ現役のパネルなんです。

僕が見てきてた範囲では30年たったパネルも全然現役でした。

 

つまり、20年経過しても大量廃棄パネルはでない可能性があるのです。

 

1 FIT終了のパネルがリユース市場に出回るパターン

これはあり得ます。

ソーラーオフのようなWebサイトができて、格安のパネルが出回るのです。

とっくに減価償却も終わってますからね。

 

2 FIT終了のパネルが普通にそのまま使われるパターン

こっちが僕は本命だと思います。

そのままNon FITで事業を続ければいいのです。

償却も返済も全部終わってます。

あとは土地代と管理費がペイできればいいわけです。

 

32円くらいまでの発電所はいろいろと手を入れないといけませんから、上記のパターン1でリユース市場に回る可能性も高いと思います。

 

しかし、24円くらいからは過積載も進んでいて発電量も多いタイプです。

そのまま事業継続も全然あり得るのではないでしょうか?

 

つまり、僕は大量に廃棄されるようにはならないのではないかと予測しているわけです。

あとはソーラーオフ市場ですね(苦笑

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>