カテゴリー: パネルメーカー

世界経済の鈍化によるパネルメーカー倒産とそれによる影響を予測する

新型コロナウイルス の猛威やその後の影響がちょっとずつ見えてきました。   ・退院した後でももう一度陽性になることがある ・若者は感染させるリスクは比較的低い ・高齢者は感染時の致死リス ...(⇒記事を読む)

パネルの変更で売電単価が変わる! 売電単価を守るためにやれること

パネルの変更で価格が変わる! いやいや、そんなわけないでしょう。   そう思う方は最近太陽光に興味を持たれた方か、過去のルールを忘れてしまった方ですね。 24円の時代以前はパネルの変更は基本 ...(⇒記事を読む)

新型肺炎ウイルス<<<JPEA ウイルス騒ぎが太陽光業界に与える影響が今の所限定的な理由

春節の頃、中国の武漢がめちゃくちゃになっていました。 新型ウイルスの影響で多くの死者も出ましたし、中国の経済が止まり世界中に大きな影響を与えました。   太陽光発電業界ではパネルの7割くらいが ...(⇒記事を読む)

過積載とパネル角度の考察 最適角は何度なのか問題

NEDOの日射量からピークカットをどう予測するか 昨日のブログの続きです。   昨日、NEDOの日射量データの見方とその評価、そしてピークカットへの影響について書きました。 今日はもう少 ...(⇒記事を読む)

700万円で買える 低圧太陽光発電所の部材

来年度の「低圧過積載セット」の見直しをしています。 そのほかにプチ高圧過積載セット、ソーラーシェアリングモデルも掲載予定です。   さて、昨今の新型肺炎ウイルスの騒ぎで物騒になっていま ...(⇒記事を読む)

最後の低圧 14円の発電所をどう考えるべきか

14円の発電所が低圧FITの事実上の最後の発電所となりましたよね。 (ソーラーシェアリングと3〜5割の自家消費除く) なのでこの発電所は貴重な発電所になります。 市場価格の原則に照らし合わせると ...(⇒記事を読む)

アメリカ大統領選挙とコロナウイルスが来年度のパネル価格を決める?

FIT法がスタートしたのが2012年7月。 そこから日本国内でパネル需要が高まり、大量の太陽光発電所ができ上がりました。   1 需要が高まれば工場は増産します。 2 増産すればパネル価 ...(⇒記事を読む)