やっぱりでてきた!買取単価14円の固定価格買取制度の分譲物件

(カテゴリ: a&veinと再生可能エネルギー, 投資・融資)

2019年度の買取単価はkWあたり14円になっています。

なかなか苦しい金額ではあるんですが、14円でもついに分譲物件が出てきました。

もうすぐ発電ムラ市場にアップされますのでお楽しみに。

金額規模は1000万円から1400万円近辺です。

スクリーンショット 2019-04-22 17.26.43

>>過去記事

来年、再来年の低圧太陽光発電所はどうなるか

ダウンサイズされた低圧太陽光発電投資のメリット・デメリット

 

 

で予想記事を書いた通り、投資としてはダウンサイズされてきました。

金額規模が理由で太陽光発電事業を進めてこられなかった人からしたら朗報かもしれません。

逆に規模が小さくなってしまって甘みが少ない(キャッシュフローが少ない)と感じる人は2基を同時に進めるなどの工夫も必要になりそうです。

 

しかし14円案件が出てくると18円はむしろ「高単価物件」に見えてきます。

不思議なものですね。

 

なぜ、14円物件は金額的にダウンサイズされているのか

 

なぜ14円物件は金額が下がってくるのか。

それは単純に過積載の効率的な限界の問題です。

 

200%以上の過積載を仕掛けていくことは電気的には可能です。

しかし、僕たち発電事業者はパネル枚数を増やしたいのではなく、発電量(売電量)を増やしたいわけです。

売電量を増やす手段としてこれまでは過積載という手法を使ってきました。

しかし、それももう結構「いいところ」まで攻めてきています。

ここから先(14円以下)で同じ利益を得ようとしたら「2基買い」などの複数化せざるを得ません。

我々事業者が重要視すべきなのは「キャッシュフロー」です。

 

>>(過去記事

All you need is CASH (キャッシュフローこそ全て) 僕が発電所を買うときに考えること

 

そういう意味では「利益が足りないのであれば2基買えばいいじゃない」というマリーアントワネットはなしではないです。

 

太陽光発電ムラ市場

注意すべきは何か 架台・パネル・施工・地盤・法令・・・

ただ投資規模が大きくなるということはリスクがそれだけ大きくなるということでもあります。

特に14円は分譲で販売して業者が利益を出していくのは結構大変な数字です。

土地代・負担金・造成費用が安ければまだ利益を出すことはできるかもしれません。

 

しかし業者が自社の利益を出していくにはさらにどこかを削っていく必要があります。

 

架台や施工や地盤は数字にしづらく、評価がしづらい部分でもあります。

この辺は「こうやって判断しよう」という基準は実は出しづらい部分です。

 

架台であればひとまず「JIS2017」に準拠しているかという判断基準はあります。

しかし施工や地盤となるとなかなか難しいですよね。

信頼できる筋から

 

あの業者はしっかりしているよ

あの地域は地盤はしっかりしているよ

 

といった周辺情報が聞けたらありがたいですね。

 

************* お知らせ *****************

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>