ショック!自分の発電所のパネルが割れているのを発見!

ASPEnの研修を受けた翌週。

自分の発電所を早速点検してみました。

 

FLIR0450

 

 

最初は「派手なホットスポット発見!」と思っていたんですよ。

 

ところが、これ、見れば見るほどホットスポットにしては派手すぎます。

 

よく見るとパネル全体も温度が上がり気味。

 

という事で肉眼でよくみてみると。。。

FLIR0451

 

 

わかります?

わかりませんよね?

 

このパネル。

割れてるんです。

セルとセルの間のバックシートに映ったガラスに微妙にヒビが入っています。

 

この発電所はカーポート型の7段架台で一番高いところは3.8mくらいあります。

ですから目視は下からバックシートを目視する形になります。

これは普通は中かなか気がつかないと思います。

【点検装置】サーモカメラFLIR パネルのホットスポットも一目でわかる!!

この手の機器や

スクリーンショット 2020-10-06 17.29.34

 

 

この手の機器が必要になります。

FLIR(フリアー)【国内正規品】android(Type-C)用 FLIR ONE Pro LT版 4800画素 1年保証 赤外線サーモグラフィー メーカー品番:435-0013-03

 

僕が買ったのはこれのiphone用のものです。

最初の消費税還付で買いました。

i phone版はこちら

 

ちなみにこのパネル。

信じられないことにしっかり発電していて、ソコデス やソラメンテのような検査機器ではこの故障は発見できません。

 

全て電圧を測ってみたのですが、全く問題なく発電できてしまっています。

燃えるような真っ赤に見えるこのセルも微妙に電気を通してしまっているんですね。

 

検査の様子はこちらの動画でまとめてあります。

興味のある方は是非ご覧になってください。


というわけで、現在交換工事の見積もり中です。

これ、交換費用めっちゃったかいだろうな・・・

 

しかし、自分の発電所のパネルが割れているとショックでかいなぁ・・・

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

3 Comments

yuki2822

連コメすみません。
サーモカメラ、やはり有効ですね。
私も是非使ってみたいと思います。
貴重な情報、ありがとうございます。

Reply
借金大好きhamasakiさん

サーモカメラは少しなめてました。
結局メーカー保証は受けられないし、意味はないだろうと思っていたんです。

でも実際自分の発電所で故障パネルを見つけると自分の認識が甘かったなと思いました。

電気的点検だけでもダメですし、赤外線含む目視だけでもダメ、いろいろな点検手法を組み合わせ、多角的に見ていく必要がありそうです。

yuki2822

パネル交換は多段架台の無きどころですね。
一面の多段架台やっている業者さんのパネル交換手順見てみたいです。
ちなみに私は4段超の多段は絶対採用しません。

Reply

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>