EVが安くなると出力抑制が減る?

(カテゴリ: ルール・法律・申請, 日本, 科学)

EVで出力抑制撲滅へ!!電中研のレポートを元に分析!(180-1)

 

昨日から太陽光発電ムラちゃんねるが新シリーズに。

EV普及率が増え、かつEVから送電網への売電ができるようになるとどうなるかというシリーズです。

 

電中研が出したレポートを元に動画解説しています。

 

キーになるのはEVのバッテリーから送電網への売電が可能になるという前提です。

今の日本の法律では電気自動車のバッテリーからの売電は認められていません。

計量法という古い法律に縛られているからです。

 

ここを変えてしまえば技術的には十分売電可能です。

 

車は普通昼間使われるのですが、それでも昼間全く使われていない車は50%ほどあるそうです。

その他、職場で止めっぱなしになっている車も2〜3割は存在します。

全体の中では5%しか移動中の車はなく、95%が止まっている車なのです。

 

 

その止まっている95%のうち自宅や職場を送配電可能な充電設備にしてしまえば、昼間のに充電し、18時〜21時くらいの需給ギャップの大きくなる時間で放電するということが可能になります。

 

一台二台では大した効果はありませんが、日本に自動車は6400万台存在します。

 

このうち、3割が電気自動車になり、その3割がこの需要調整に協力したら、原発10基分近い需要調整機能を持つはずです。

明日明後日の動画ではその辺も詳しく説明していきます。

 

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

https://www.youtube.com/watch?v=AqBi5Nn_ruY

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>