カテゴリー: ●金融対策・資金調達

8月5日ベンチャー勤続3年目で6000万円引き出した金融機関活用術セミナー@盛岡のお知らせ

太陽光発電投資を始めた当初、いちばん重要なものは発電所の目利きだと思っていました。 これは限られた資金であれば正しいのですが、資金が十分にある状態で信用のある大手企業から購入するのであれば目利きもさほど重要ではなく ...(⇒記事を読む)

太陽光発電設備取得費用の50%を一括償却 生産性向上設備投資促進税制の申請にかかる時間

太陽光発電設備取得の一括償却のため 今日は関東経済産業局へ。 生産性向上設備投資促進税制で年度末までであれば 50%の償却が受けられます。 https://goo.gl/BuveWc 法人を経営して ...(⇒記事を読む)

太陽光発電所の100%一括償却の期限は事実上あと数日

(カテゴリ: ●分譲, ●金融対策・資金調達, 新着情報)

タグ:

太陽光発電所の分譲案件を見に宮崎に行ってきました。 こちらの分譲は日照もよく、パネルがソーラーワールド、 パワコンがSMAと非常に安心して買える案件です。 しかも2月末連系可能。とりあえず2月決算の法人さん向けに ...(⇒記事を読む)

平成27年度の太陽光発電の生産性設備投資促進税制の申請はまだ間に合います

太陽光発電ムラ仲間のAさんからご相談を受けました。 お客様の屋根の太陽光設備に生産性設備投資促進税制(B種)を 適用させようとしたら今からでは間に合わないと言われたとか。 通常は書面がしっかりと揃えば1ヶ月で出来る ...(⇒記事を読む)

太陽光発電のルール変更の影響を数字で把握する

この3年、私は日本全国及び、ドイツ、スイス、UAE、シンガポール、台湾、中国など、太陽光発電についての情報を得るためには、出来るだけの情報を集めてきました。 そこで出会った素晴らしい方々のお陰で、太陽光発電の技術的な ...(⇒記事を読む)

グリーン投資減税の基準日を設備取得日に出来るケース

太陽光発電のグリーン投資減税において、基準日を系統連系日ではなく設備取得日に出来たケースがあるそうです。(税務通信 2014/09/15 (No.3327) 2頁より) http://www.zeiken.co.jp/ ...(⇒記事を読む)