パワコン40kW以下程度の発電所は過積載を狙うべきではない理由

14円の申請も大詰めです。

 

そん中で時々あるのがパネルが45kWくらいになる規模の発電所です。

このくらいの規模だと本気で過積載型にすればパワコンは22kW(5.5kW 4台)でも入らなくもない感じです。

200%近辺の強烈過積載発電所が完成します。

 

しかし、これ、初期費用を抑える効果はあっても投資対効果を高める効果はないので要注意なんです。

スクリーンショット 2019-04-18 17.57.26

(写真は筆者の持つ99kW低圧過積載発電所の快晴時の発電グラフ)

過積載が有効なのは パネルの上乗せ の時のみ

結論から言うとこれです。

過積載が有効になるのは50kWギリギリのパワコンに対してパネルをうわブレさせる時のみです。

なぜか。

 

それは「高圧にしたくないけど、パネルは置ける土地がある」という条件で過積載が生きてくるからです。

高圧にするとキュービクルが必要になりますし、年間の保安業務も必要になります。

その義務を負わないギリギリのところをパネルを積んで攻めて攻めて攻めるのが過積載という世界です。

 

太陽光発電ムラ市場

低圧ギリギリでないレベルは過積載をすべきでないのはなぜか

一方で低圧ギリギリでない範囲では過積載をすべきでないのはなぜでしょうか?

 

答えは単純にピークカットです。

太陽光発電パネルから取り出せる電気はパネルの容量で決まっていますよね。

しかし、パネルが例えば80kWだった場合、パワコンを40kWにするのが正解なのでしょうか?

 

初期費用をとにかく落としたいという選択肢からはありです。

しかし、投資利益を得たいのであればその選択肢はなしです。

 

ピークカットも20年積もればかなりの金額になります。

パネルが80kWであれば、パワコンは低圧限界まで増設すべきです。

 

ではパネル60kWの時の選択は何が正解か?

この辺の微妙なラインが難しいところです。

パネル60kWの時はどうするべきか。

49.5kWでいくべきか、40kW近辺でいくべきか。

難しいところなんですが、僕は150%程度の過積載までは過積載ではないと判断します。

理由は日本の日射では100kWのパネルが100kW発電する時間はとても少ないからです。

 

パネルの定格容量は1平米あたり1000Wの光が当たった時の発電容量なんですが、日本の気候ではなかなかこの条件を満たしてくれないのです。

 

であれば、それをカバーする分くらいはパネルを上積みしてもそれは過積載とは言えません。

若干のロスですみます。

 

2〜3%くらいのロスは全然目を潰れる範囲です。

それが、僕の感覚ですと過積載率150%なのです。

 

なので、このパネル60kWレベルが実に悩ましい境目なのです。

パワコンマックスいってもいいし、40kWにしてもいい。

 

いやーーー、微妙。。。

皆さんだったらどうしますか?

 

************* お知らせ *****************

太陽王子谷口プロデュース こだわりの発電所

発電ムラプロデュース【18円】徳島県三好市三野町 99.0kW 1,900万円(税込) 発電所

発電ムラプロデュース【18円】徳島県美馬市 92.16kW 1,810万円(税込)太陽光発電所

ソーラーエッジによるパネル単位監視 25箇所ものこだわり地盤調査 除草込み年間8万円の安心O&M 痒い所に手が届く、30年のビジネスを念頭に置いた発電所。

融資の枠があれば僕が買いたかった案件です。

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>