卒FITと相性がいいV2H 電気を安く売るよりは自宅で使ったほうが案件

(カテゴリ: a&veinと再生可能エネルギー)

2019年問題というものが昔言われていた時期がありました。

家庭用のFITが2009年にスタートし、10年間の余剰買取期間が終わってしまうという問題です。

 

当初買取価格が高かったこともあり、家庭の屋根にモリモリで10kW載せるような人たちが出てきたわけでしたが、その余剰電力がkWhあたり9円とかそういう金額の買い取りになってしまうのです。

 

これ自体はルール通りで全くもってわかっていたことでした。

その後は買い取り単価が下がってきたこともあり、屋根にもりもりで載せるよりはジャストサイズくらいで使う量と同じくらい発電するような載せ方が増えてきたように思います。

 

卒FIT + V2Hまで考えると 屋根モリモリオーバーサイズは大あり

ところがここにきて再び「屋根モリモリ発電住宅」が有利になってきました。

というのも電気自動車の値段が下がり始め、蓄電池の役割として機能し始めたからです。

 

中古のアイミーブ等を見ていくと80万近辺のものも出てきています。

確かにこれならオーバーサイズで発電した電気をある程度吸収できます。

家にセカンドカーがあるようなご家庭であればセカンドカーをEVにしてしまうのもいいと思います。

 

これだと太陽光の安い電気を昼は使い放題ですし、EVに蓄電することも十分できます。

夜間や夕方の家庭の使用電力で蓄電池から電力を解放し家庭で使う形になります。

 

政府のやりたそうな「レジリエンス」より、こちらの「電気代を安くしよう。自分で作って自分で使おう」の方がよっぽど国民に届くのではないでしょうか。

 

しかしこう見てもどんな容量で屋根に乗せるのがいいのか、どんな使い方を想定すればいいのか、時代によって最適解はどんどん変わりますね。

 

**********************

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

岐阜 愛知県 セカンダリ発電所掲載中

岐阜県中津川市・土岐市 愛知県田原市 低圧発電所掲載中!

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

https://www.youtube.com/watch?v=AqBi5Nn_ruY

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場



太陽光発電ムラ市場

2 Comments

kozo

最近のV2Hは改善されているかも知れませんが、私が購入したV2Hは、とにかくロスが大きく、PV⇒リーフ、リーフ⇒家、と電気を移動させる毎に、電気が大幅に減ってしまうので、果たして地球にやさしいのか?と疑問に思い、とうとう家への給電はやめてしまいました。とにかく驚くほどのロスでした。ニチコンさんに聞いてところ、「実はそうなんです。ロスは非常に大きいです」おいおい・・・。

Reply
借金大好きhamasakiさん

直流交流変換があるのと充電があるのでロスはありますよね。

そんなに大きいもんなんですね。
余剰の電気が本当に余剰になる時が来るので、「捨てる電気」をどう使うかという世界ですかね。

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>