太陽光発電の青色申告の王道 家事按分で65万円以上の利益を消す

青色申告の時期になってきました。

さて、太陽光発電投資をされている方で年間どれくらいの黒字が出るかというと・・・

 

実はそんなに多く出ません。

特に僕のように業者の作った発電所を買ったようなパターンでは「税金対策」はほとんど不要です。

7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s

青色申告には65万円までの利益を控除できる「青色申告特別控除」がある

そうなんですよ。

太陽光発電は事業所得ですからその事業所得から年間65万円までを控除する事ができます。

ここでいう所得と言うのは「売上」から「必要経費」を引いた額。

太陽光発電でいうと「売電収入」から「減価償却費+パワコン電気代+管理費+保険料+固定資産税+その他の必要経費」を引いたものが所得です。

 

税金対策をしたいなぁ。。。。と考えるのはこの所得が65万円を超えるような場合のみ。

それ以下の方は税金対策は必要ないと言っても過言ではありません。

 

太陽光発電ムラ市場

65万円以上の所得が出ちゃいそう・・・な場合は家事按分を使ってみよう

4基保有してて、65万円以上の所得が出ちゃいそうなんだよなぁ・・・

という方は家事按分という言葉を勉強してみてください。

 

家事按分というのは個人事業主が青色申告をするときに事務所として使っている自宅の経費を事業用の経費に按分して会計をする事です。

 

例えば

自宅の電気代・ガス・水道代

新聞・TV・書籍

通信費・交通費

賃借の方は家賃

この辺は割合を定めて事業用の経費にする事ができます。

 

場合によりますが一人暮らしだったら50%近くは「事業所経費」とする事も全然不自然ではありませんよね。

これは別に脱税テクニックではなく、国の会計制度で認められた正式な会計方法です。

売電収入1000万までの個人の発電投資家であれば事業所得税はゼロと言えるのではないでしょうか?

もちろん100%減価償却などを使ってしまって減価償却費がゼロになっちゃったような人は別です。

また定額法を使っていてもラスト3年はどうしても納税が発生すると思います。

まぁそこは喜んで納税をしましょう。

 

個人的なお勧めは特別償却可能な範囲で黒字を出す事

なんでこんな記事を書いたかというと、昨年の青色申告では面白がって赤字をバンバン出したんですよ。

なんですが、それをやると銀行がいい顔をしないという事がよくわかりました。

銀行の信用を増すためには黒字会計が基本。

>>【銀行員に教えてもらった融資のコツ】融資が欲しければ確定申告は黒字決算

会計はおもちゃではないので無駄に赤字を作るのはホドホドにしましょう(苦笑

 

 

************* お知らせ *****************

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

<信販・金融機関紹可能>【頑固職人プロデュース案件】鳥取県日野郡分譲 39.3kW867万円(税込)

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>