金融機関がチェックしてる与信情報 CICを確認してみる

スクリーンショット 2019-12-25 17.49.10

 

 

CICという情報期間があります。

これは主に信販会社やカード会社がクライアントの信用状況(お金をいくら借りていくら返しているか)をチェックするデータベースです。

 

アプラスやジャックスなどの信販審査に落ちるのはご本人の属性、施工会社の面倒見、未稼働で返済の始まっていない案件の状況、そしてこのCICのクレジットヒストリーで決まります。

 

逆に「カードが作れない!」ですとか「車のローンの審査が通らない!」という人はこのクレジットヒストリーが汚れてしまっている場合です。

 

信用情報機関は日本には3種類 信販系・消費者金融系・銀行系

日本には3つの信用データがあります。

・CIC((株)シー・アイ・シー) → クレジットカード系、信販系

・全国銀行個人信用情報センター(全銀協) → 銀行系

・JICC(日本信用情報機構) → 消費者金融系

 

こんな感じです。

太陽光で主に使われるのはCICと全銀協のデータですね。

 

 

太陽光発電ムラ市場

CICはネットで自分で見ることができる

信用情報は申込者本人であれば開示してもらうことができます。

全銀協のデータは郵送限定でしたので、今回はCICのデータの開示を申し込んでみます。

 

スクリーンショット 2019-12-25 18.03.28

 

 

パソコンで表示を選んだらmacが非対応で断られたので、しょうがなくスマホで申し込みました。

Macはダメでもiphoneはオッケーなのが謎です。

 

運転免許書番号で本人確認をし、クレカの番号を入力すると1000円で自分の信用情報を見ることができます。

どんな感じだったのか

実に15pものPDF資料がダウンロードされました。

 

・勤務先情報

・1基目の公庫の借入金情報 (公庫はなぜか全銀協ではなく、CICという話は本当でした)

・5基目の信販で買った米子の発電所借り入れ情報

・6基目の一部資金で公庫から借りたお金

・車のローン情報

・僕が保有している全クレジットカードの履歴

・カード会社が参照したであろう履歴

 

が載っていました。

 

逆に載っていなかったのは

・銀行から借りている太陽光・住宅のローン内容

・審査は通っているけど実行されていない6基目のアプラス決済

です。

 

なるほど。

 

こんな感じなのか。

 

皆さんもよかったら確認してみてください。

************* お知らせ *****************

太陽王子谷口プロデュース こだわりの発電所

発電ムラプロデュース【18円】徳島県三好市三野町 99.0kW 1,900万円(税込) 発電所

発電ムラプロデュース【18円】徳島県美馬市 92.16kW 1,810万円(税込)太陽光発電所

発電ムラプロデュース【18円】徳島県吉野川市山川町 89.7kW 1,932万円(税込)

発電ムラプロデュース【18円】徳島県鳴門市 96.0kW 2082万円(税込) 発電所

ソーラーエッジによるパネル単位監視 25箇所ものこだわり地盤調査 除草込み年間8万円の安心O&M 痒い所に手が届く、30年のビジネスを念頭に置いた発電所。

融資の枠があれば僕が買いたかった案件です。

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

 

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>