FIT電源への発電側課金(基本料金)を全額補填することは国民負担の増大にはつながらない

発電側基本料金の議論が進んでいるのかいないのかよくわからない

昨日書いたブログでは「発電課金の負担は一部電力会社から帰ってくるが、足りない分は発電事業者の負担になるかもしれない」と言う記事を書きました。

 

具体的には29円以上の案件は「お前ら儲けたんだから負担しろや」と言う論調で、27円以下案件は「まぁちょっとくらいだったら再エネ賦課金から払ってやってもいいかもしれん。まぁ議論してみよか。」と言う論調です。

 

いやいやいやいや、ちゃんちゃらおかしいでしょ。

絶対におかしいです。

 

昨日のブログでは再エネ事業者も国民であり、しかもリスクの高いFIT初期(プレミアム期間)に飛び込んだ事業者であると言うことを書きました。

実際、その時期は利潤配慮期間という3年間の時期が設定されていました。

利潤配慮期間の案件から利潤を取ったらもうこれは詐欺ですよ。

 

そもそも、何故負担を発電事業者に押し付けようとしているのか

ここなんですが、何故発電事業者に負担させようとしているのかというと「国民負担を増やさないため」なのだそうです。

国民負担というのはFITの買い取り費用を支える電力賦課金のことです。

FIT制度は電力会社が高い価格で再エネ電気を買い取る義務を負う代わりに、電力会社は電気代の形で国民からお金を多く受け取っても良いという制度です。

そのお金を再エネ賦課金というのですが、これが国民負担になっているというのがエネ庁で問題視されています。

 

今回も発電側基本料金の一部を再エネ賦課金を使って補填することが国民負担につながるとして問題視されているのです。

 

ですが、これは間違っていて、そもそもこれを負担しても国民負担は増えないというのが僕の意見です。

太陽光発電ムラ市場

国民負担が増えない理由 FIT事業者が負担すべきではない理由

 

国民負担が増えない理由を説明します。

発電側基本料金というのは送配電網を維持管理するための費用の一部です。

 

もともとあった総配電網を維持する費用。このうち10%を火力、原発、水力含めた発電事業者に負担してもらおうというのがそもそもこの話の起こりです。

そして発電事業者につけた10%の費用は電気卸料金の形で小売会社に値上げされて販売されます。

値上げされた部分は電力会社が国民に対して上乗せして販売されます。

 

さらに、国民が支払っている電力料金には発電側基本料金を除いた残りの90%の送配電網維持費用が含まれています。

当たり前ですよね。総配電網を維持するにはお金がかかります。

スクリーンショット 2021-05-13 21.42.57

 

図で書くとこんな感じです。

この黄色い部分の一部を電気料金転嫁ではなく、発電事業者負担に押し付けようとしているのです。

発電課金になったところで、最終的に国民負担になり、その総額は変わりません。

ですから、これは全額電気料金の形で国民負担が正しいのです。

 

それを、無理矢理理由をつけて一部再エネ事業者負担にしようとしているというのが今回の無理筋話なのです。

 

本日の結論です。

29円以上の高単価案件に発電側課金の負担を押し付けるべきではありません。

そこを何らかの形で電気代に付加したところで国民負担は増えないのです。

そもそも必要な費用であり、本来であれば電気代に転嫁されるべき金額であり、新たな国民負担ではない金額なのです。

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

https://www.youtube.com/watch?v=AqBi5Nn_ruY

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>