「不可逆的なクリーンエネルギーの機運」をオバマ大統領が執筆されたそうです

8d3cc9e9ea2aeb7389201d0aff970ae5 s

再生可能エネルギーへの転換の流れは
止められないことをアメリカのオバマ大統領が言及しました。

再生可能エネルギーの推進により二酸化炭素の排出を減少させてながら
経済発展する事は十分に可能だと。

以下、朝日新聞デジタルより転載です。
https://goo.gl/OJj8sq

米ホワイトハウスは9日、オバマ大統領が執筆した米国の自然エネルギー導入に関する政策論文が、米科学誌サイエンスの最新号に掲載されると発表した。オバマ政権が力を入れてきた地球温暖化対策に否定的なトランプ次期政権を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。科学誌への現職大統領の寄稿は珍しい。

 

寄稿したのは「不可逆的なクリーンエネルギーの機運」と題した4ページの論文。筆者はオバマ氏単独で、13日付の政策特集の欄に掲載される。ホルドレン大統領補佐官(科学技術担当)らが執筆に協力した。

 

オバマ氏は、太陽光や風力など自然エネルギー導入が今後も続く理由として、オバマ政権が誕生した2008年以降、エネルギー分野の二酸化炭素(CO2)排出量は9・5%減ったのに、その間の経済成長は10%を超えたと指摘。「気候変動に立ち向かうには、低成長と生活水準の低下を受け入れなければならないという議論に終止符を打つべきだ」と述べている。

 

さらに、米グーグルが今年中に全使用電力を再生可能エネルギーでまかなう計画を発表するなど、産業界の取り組みの本格化▽太陽光などの発電コストの大幅低下▽温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」発効による国際的な機運の高まりなどを挙げ、「最新の科学と経済が将来への道しるべとなるだろう」と主張している。(ワシントン=小林哲

以上転載終わり。

クリーンエネルギーの機運が不可逆的なのは
パリ協定だけが理由ではありません。

むしろ経済的な理由が大きく化石燃料の時代には
戻れない状況にあるんですよね。

各国がFITを実行したことにより再生可能発電施設が普及し
再生可能エネルギーの価格も下がりました。

再生可能エネルギーの発電施設は燃料費がかからないので
一度設置されると非常に低価格で電力を提供できるんですよね。

例えば原油価格が下がって火力発電所が5円/kWhで電力を
供給できるとしても、太陽光発電所は4.9円まで下げることが出来ます。

太陽光発電設備を設置した以上、売電価格が安かったとしても
売電をしないともったいないからです。限界利益がほぼゼロなんですよね。

火力発電所の場合は当然、燃料費等のランニングコストがかかるので
売電するより稼働しないほうがマシだという状況が出来ます。

この稼働しない時間が減るとさらに収益性を悪化させるので
火力発電所は淘汰されていくことになります。

もちろんベースロード電源のように理屈をつけて
再生可能エネルギーより優先供給させる枠を設け続ければ話は別ですが

そうなれば国際競争力は低下し、我が国の製造業は
今以上の苦戦を強いられることになります。

また、化石燃料に依存すればシーレーンの確保等、
生命線を他国に委ねなければならない状況も多々生まれます。

安全保障上の観点からも化石燃料に依存し続けることは
好ましくありません。

もちろん今すぐ再エネで100%は無理なので
徐々に化石燃料を減衰させていくことになりますが

そのスピードが遅くなればというより出来るだけ早くしなければ
人類の存続が絶望的となると言われています。

借金であれば最悪、デフォルトすればゼロになりますが
地球環境へのツケは土下座して謝っても待ってもらえません。

ましてや世界中でお金が余っていると言われる現代、
人類がどこにお金をつぎ込むべきかは明確でしょう。

さて今日も迷わず再エネ推進をしていくこととします(^^)



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログランキング登録しています。
日本の再生可能エネルギー推進に
賛成の方はぜひクリックをお願いしますm(_ _)m

※※以下お知らせ※※


太陽光発電ムラ市場


【2月7日〜12日 第三回アイスランドツアーのお知らせ】

再エネで電力自給率700%の国アイスランドに行きましょう。

お申込み、お問合わせはこちらをご参照下さい。
https://goo.gl/BEUpeo

エコ、特に再生可能エネルギーというと弱々しいとか
便利さや豊かさを我慢するというイメージを持たれがちです。

そんなイメージを吹き飛ばしてくれるのがこのアイスランドツアー。
再エネで電力を100%自給している夢の国です。

100%自給するだけではなく余った電力で
アルミの製錬を始めとする様々な産業を育てています。

それどころか2050年までに水素によってエネルギーの
完全自給を目指して世界最先端の実証試験も。

さらに余った電力を海底ケーブルでイギリスに
売ろうという計画まで進行している再エネの超優等生国です。

再エネを生業とする者にとって必ず一度は訪れて
おくべき国と言っても過言ではありません。

日本の未来を想像しながら再エネの魅力を語るのもいいですが
既に実現している社会を実際に見ると説得力は
比べ物にならないくらいに増します。

単純に再エネを学ぶだけではなくオーロラを見て、
世界一の露天風呂に入り、欧州一の大瀑布を見て
間欠泉を体験できる世界一安全な国を一緒に体験しましょう。

お申込み、お問合わせはこちらをご参照下さい。
https://goo.gl/BEUpeo

【頑固職人&太陽光発電ムラオリジナル分譲 利回り11.8% 71.82kW 2420万円(税込)】

頑固職人プロデュースでオールインワンでこれだけの
利回りを確保できるのには理由があります。

1期分の10基は売れてしまいましたが、来年7月連系予定の
10基分をはじめ20基分はまだお申込みを受け付けています。
お申し込みお問い合わせはこちらからお願いします。
https://goo.gl/ii25Eq

お申込前にブログ記事もぜひご参照ください。
https://goo.gl/xus2kd

【3月16日〜20日 中国の低炭素プロジェクト都市見学ツアー】

太陽光発電を含め低炭素プロジェクト都市として
整備されている中国の鎮江市を見に行きませんか?

こちらのモデルは気候変動パリ会議においても
中国政府から紹介されています。
https://goo.gl/L5hOrQ

しかも今回のツアーは越境会さんの主催。ただのツアーではありません。
友好視察団ツアーなので現地の要人が続々とでてきます。

日本語の話せる方ばかりなので日本語でOK.
一緒に中国で環境ビジネスのチャンスを掴みに行きませんか?

お申込み、お問合わせはこちらからお願いします。
https://goo.gl/5T8r30

【1MW太陽光発電所分譲販売@福岡県】

メガソーラーの分譲のお話が入ってきました。
お申込み、お問合わせはこちらのページからお願いします。
https://goo.gl/HoY37N


物件所在地
 福岡県

システム容量
 1013.36kW

売電単価
 24円(税抜き)

年間発電量予測
 1,038,165kWh

年間売電収入予測
 26,909,237円(税込)

想定投資表面利回り
 9.77%
(年間想定売電収入 ÷ 販売価格 × 100で計算)

販売価格
 274,664,000円(税込)

土地取引形態
 売買

連系時期
 平成29年3月31日


モジュール
 テルサンソーラー

システム容量
 1013.36kW

型式
 TP660P-265

最大出力
 265w

変換効率
 18.1%

出力保証
 25年


パワーコンディショナー
 HUAWEI製

型式
SUN2000-28KTL

容量
 990kW

変換効率
 98.7%

製品保証
 5年


お申込み、お問合わせはこちらのページからお願いします。
https://goo.gl/HoY37N

【太陽光発電所分譲・部材情報 随時更新中】

詳細は太陽光発電ムラ市場で
http://ichiba.solar-club.jp/


【連系間近&稼働済みメガソーラー買います】


筋がいい代理人さんからまとまったご依頼をいただいたので
売却希望のメガソーラー案件を探しています。

希望としては稼働済みまたは今年中に連系ができるものですが
規模によっては来年以降の連系でもOKです。

希望としては1MW以上で規模の上限なし。
抑制なしで表面利回り10%以上です。

売却希望の方はこちらのフォームからご連絡をお願いします。
https://ichiba.solar-club.jp/contact/


【中小規模風力発電を始めたい方、土地情報をお持ちの方へ】

風力発電の申請は非常に時間がかかります。

有利に取引ができる今のうちに
設置のための申請を無料でしておきませんか?

土地の売買、賃貸したいだけの方でも大歓迎です。詳細はこちらの記事をご覧ください。
https://goo.gl/sZFNTw

【太陽光発電ムラ入り口&ムラ市場】

太陽光発電を一緒に推進してくださる方なら、お悩み解決や部材調達からブログで副収入を得る仕組みまで、太陽光発電に関することならなんでもお任せください。

太陽光発電ムラ入り口
http://solar-club.jp/

太陽光発電ムラ市場
http://ichiba.solar-club.jp/

【メールマガジン登録のお願い】

今後、情報発信をメールマガジン最優先にしていく予定です。下記URLのメルマガ登録フォームからご登録をして頂ければ幸いです。
http://goo.gl/9NWCk4

【太陽光発電ムラの支部について】

太陽光発電ムラが大きくなってきたので、支部ごとの活動をはじめました。

各支部への入会希望やしげる会等のの詳細、開催希望は、各支部のFacebookグループにて 直接ご連絡下さい。

北海道支部 (北海道)
https://www.facebook.com/groups/688141667951400/
東北支部 (青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
https://www.facebook.com/groups/365407093632074/
北関東支部 (茨城、栃木、群馬)
https://www.facebook.com/groups/883522534999893/
南関東支部 (東京、神奈川、千葉、埼玉)
https://www.facebook.com/groups/590680501065491/
北陸支部(新潟、富山、石川、福井)
https://www.facebook.com/groups/835846653103865/
信州支部 (長野、山梨)
https://www.facebook.com/groups/817430128321441/
東海支部 (愛知、岐阜、静岡、三重)
https://www.facebook.com/groups/1500454763562151/
近畿支部 (大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)
https://www.facebook.com/groups/1523210431269265/
中国支部 (岡山、広島、山口、島根、鳥取)
https://www.facebook.com/groups/1515838772017010/
四国支部 (愛媛、高知、徳島、香川)
https://www.facebook.com/groups/1588296678066228/
九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
https://www.facebook.com/groups/337866033060492/

やはり地元の繋がりでは得られる情報の質と量が全く違いますので ぜひご参加下さい。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ メールマガジン
http://goo.gl/9NWCk4

太陽光発電ムラポータルサイト
http://solar-club.jp/

太陽光発電の情報発信で副業しましょう(無料ブログ)
https://solar-club.jp/member/

太陽光発電部材が格安で何でも揃う(ムラ市場)
http://ichiba.solar-club.jp/
太陽光発電に関する疑問解決なら(ムラびと相談所)
https://goo.gl/MTMsvy 太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd
(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)


太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>