ソーラーシェアリングと光飽和点

2013 07 21 12 17 47th

ソーラーシェアリングは作物にもいい

ソーラーシェアリングの規定の中で 「周辺の農地と比較した際の収穫減が20%以内」 とあるので必ず減収するようなイメージを 持たれてしまうことも少なくありません。 しかし、農作物を含む植物は光が当たれば当たるほど 育つというわけではなく、光飽和点という境目があります。

光飽和点とは

光飽和点とはこれ以上光が強くても光合成速度が 変わらない点のことを示します。 この光飽和点以上の光が植物に当たると 光はただ温度を上昇させるだけの存在となり 作物の生育を逆に阻害します。 この光飽和点が低い農作物は畑でも光を フィルムなどで遮蔽して育てられます。 このフィルムの代わりに太陽光パネルを使えば 作物の生育も良くなり発電も出来て一石二鳥ですよね。

光合成の変換効率

植物の光合成のエネルギー変換効率は平均して約1%と言われています。 変換効率が高いと言われているものでも5%程度だそうです。 太陽光発電だと15%ほど。かなり高いですよね。 以前、バイオエタノールが流行ったことがありましたが 変換効率5%だったとしても太陽光発電に比べると かなり劣ると言えます。 やはり食物の価格コントロールをするだけの 存在だったのでしょう。 世界の死亡原因の第一位が未だに飢餓のままなのに お金のために食料生産を調整するとは情けない。 まだまだ人間は進化が必要な生き物なのでしょうね。
太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>