全力で私の変態ぶりをカミングアウトしています

スクリーンショット 0029 09 11 19 17 22

講師オーディション予選投票が始まり10日がたち順位の中間発表がありました。 8位までが予選通過の中、64人中12位と意外と健闘しています。
https://akoshi.com/primary/?p=2

皆様と比べると滑舌も時間配分も悪く恥ずかしい限りですが。再エネに興味のない方に話を聞いて頂ける機会をなんとか増やしたいと挑戦中です。

今のところ1位は
藤田由美子さん 再生数222回 得票数127票
『そのコブシちょっと待った クレーム初期対応』

私は12位
  谷口洋和 再生数83回 得票数60票
『米と電気とアイスランド』

再生可能エネルギーに興味がない方に話を聞いていただくのは非常に大変だと、数字を見て改めて思い知らされました。

題名も内容もなかなかクリックして頂きづらいと思いますがそんな中、再生してくださった83名の皆様ありがとうございます。

次の世代に胸を張って引き継げる環境を残すため、再エネの魅力、力強さを一人でも多くの周りの方に伝えていただければそれだけで十分です。

そして有料(1000円)にも関わらず投票してくださった皆様、本当に有難うございます。

出来るだけ頑張るという中途半端な決意ではなく、皆さんが共感して下さった未来を実現するため、本戦に出場してできるだけ多くの方に再エネの魅力、そして再エネが作り出す希望があふれる未来について伝えるべく何が何でも本戦に行きます。

投票が無記名なので皆様ひとりひとりに感謝の気持ちを伝えられないのが本当に残念です。

「頑張れ変態」
「滑舌悪すぎ」
「1000円分あとでビール奢れ」

でもなんでもいいです。励みにもなりますのでメッセージでもメールでもメッセンジャーでもコメントでも、何かしらご連絡いただければ幸いです。

以下、決勝で私が伝えたいメッセージです。ご笑覧いただければ幸いです。

戦争を避けるための太陽光発電

私が太陽光発電を志すようになったのは小学4年生の恐怖体験からでした。

3年生でお世話になった優しい女性のM先生が寿退職され、 代わりに担任となったのがいかつい顔をした男のK先生。

授業は授業というよりただの洗脳時間。学生運動に身を投じていたという彼はド左で大の自民党嫌い。

選挙制度もろくにわかっていない小学4年生にひたすら自民党の非を訴えます。5分、10分ではなく数時間かけて。

そして必ず「最後にはこのままだと戦争が起こるぞ!」と

授業そっちのけで神風特攻隊の悲劇のビデオを見せ、原爆投下後の写真が掲載されたアサヒグラフを各班にまわし 小学生相手に酷いときは1限から6限まで煽り倒します。

10歳児だった私はもちろん、先生が嘘を言うなんて想像できません。

毎晩の夢は触れた事もない操縦桿を握り特攻機でアメリカ戦艦に体当たりする。

体験した事もない恐怖を毎日想像し続けました。平和な日本で戦争の恐怖に怯え続けた私は戦争が怖く、憎くてたまらなくなりました。

戦争を避けるにはどうしたらいいか、その頃から徹底的に考えるようになりました。

エネルギーの不足が戦争の原因であると悟り、太陽光発電を仕事にすると志したのは2年後の12歳の頃でした。

欲望と環境保全の両方を満たす再生可能エネルギー

その後、太陽光発電の仕事に関われるまで約25年かかりました。その間、環境コンサルタントをしたり、研究開発をしたり、海外を飛び回ったりと経験を積んでいく上で理解できた事があります。それは

1.一部の崇高な人々の環境保全の意志は人類全体の欲望に勝てない
2.21世紀においてお金は希少資源ではなくなっている
3.エネルギーは増やせる

の3点です。

1.一部の崇高な人々の環境保全の意志は人類全体の欲望に勝てない

しっかりと教育されている方や、生活にゆとりがある方、または体の内側からの声に反応できる方は省エネ、資源循環などを重視した生活を送ることが出来ます。

しかし、人類の大多数はその日を生きていくこと、そしてより豊かに見える生活を必死で目指しています。

人類全体の意識が変わればいいのですが、その日が来るまでに地球は人類に快適な環境を残してくれません。

お付き合いのあった”地球に優しい”だけのビジネスをしていた社長が過去に5人、自殺または失踪した経験から、私はエコと言う言葉に嫌悪感すら抱いています。

生態(エコロジー)と経済(エコノミー)は両立させなければ悲劇を生むんですよね。しかし経済とは経世済民または経国済民から来て分かる通り市民を救うもののこと。

経済(対価)が合わないビジネスは市民も経営者も環境も救わないんですよね。

2.21世紀においてお金は希少資源ではなくなっている

私たち市民の手元にはあまりお金がありませんが、日本中の金融機関ではお金が余っています。

日本銀行から金融機関に湯水のように貸付をしようとしていますが、そのお金を借りしっかりと返してくれる顧客を金融機関が探せずにいます。

これは日本の金融機関に限った話ではなく、世界のファンドも同じで具体的な投資先が見つからず、リーマンショックの時と同様によくわからない投資金額だけが増えていっています。

一説によるとデリバティブの取引残高は6京〜13京円。億でも兆でもなく兆の1000倍の京円です。後世から見ると地球環境に投資するのが最も確実なはずのですが、様々な思惑が働きなかなかうまくいっていません。
The money project
https://goo.gl/iK3E71

3.エネルギーは増やせる

再生可能エネルギーの一番の魅力は増やせること。例えば太陽光発電所を設置するのに原料の調達からパネルの製造、設置まで考えてドラム缶100本分のエネルギーを消費したとしても、そのエネルギーは発電によって1〜2年以内に回収できます。

太陽光発電所の寿命は30年以上ありますので、投入したエネルギーは15〜30倍に増えることになります。

ドラム缶100本を空き地に放置しておくと翌年には200本、翌々年には400本に増えていく姿を想像してみてください。

30年後には1100億本、31年後には2200億本に増える計算になります。これは現在の世界のエネルギー消費量、ドラム缶で原油800億本よりも多くなることを意味します。

物理的には何の問題もありません。世界中に余っているお金を再生可能エネルギーにつぎ込んでしまえばCO2排出量もゼロになりますし、原子力発電に頼る必要もなくなります。

そして何よりエネルギーの奪い合いで戦争を起こす必要がなくなるんです。

再生可能エネルギーで自給率200%を目指す理由

再生可能エネルギーでエネルギー自給率100%を達成した未来には、今と変わらない豊かな生活が待っています。

でもそこだけを目指すのでは人類全体の欲望を満たす事が出来ません。

今より2倍楽で楽しい生活を、リスクのない方法で目指せばいいんです。名目上の借金は増えるでしょうが、増えたエネルギーを使って未来で返せばいい。

有り余ったエネルギーと進む自動化により、全ての人々が”やらされる勉強や労働”から開放され”自らの意志で取り組む学習や仕事”に取り組めたらどれだけ素晴らしい世界が創れるか。

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーはちょっと地球にやさしいエネルギーではありません。世界の欲望と環境保全を両立させながら、人類を幸福な世界に導く夢のエネルギー源だと私は確信しています。

私と一緒に同じ夢を見て頂ける方、大募集中です。
太陽光発電ムラフェイスブックグループ
https://goo.gl/zHfW6e

この一般受けしそうもないテーマをどうやったら本戦で聞いて頂けるか日々頭を悩ませています。

長文を最後まで読んでいただきりがとうございました。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログランキング登録しています。
日本の再生可能エネルギー推進に
賛成の方はぜひクリックをお願いしますm(_ _)m

※※以下お知らせ※※


太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場


【27円】島根県安来市65.7kW 24,144,000円(税込)土地付き分譲太陽光発電所

https://ichiba.solar-club.jp/products/detail.php?product_id=319 物件所在地     :島根県安来市
販売価格      : 24,144,000円(税込)
売電単価      :27円(税抜き)
システム容量    :65.7kW(150W × 438枚)
初年度発電予測   :80,083kwh
初年度売電収入予測 :2,335,220円(税込
想定投資表面利回り :9.67%
土地 土地代込み

【頑固職人&太陽光発電ムラオリジナル分譲 利回り11.8% 71.82kW 2420万円(税込)】

頑固職人プロデュースでオールインワンでこれだけの
利回りを確保できるのには理由があります。

30区画中、残り10基となりました。12月連系予定です

お申し込みお問い合わせはこちらからお願いします。
https://goo.gl/ii25Eq

お申込前にブログ記事もぜひご参照ください。
https://goo.gl/xus2kd

【9月 10月 秋のアテルイの里合同見学会のお知らせ】

ご好評をいただいておりましたアテルイの里合同見学ツアー
 (借金大好き浜崎さんの融資獲得セミナー付き)のご案内です。

(9月17日 日曜日)
 https://goo.gl/8em2Nh

(10月21日 土曜日)
 https://goo.gl/mHLg26

【太陽光発電所分譲・部材情報 随時更新中】

詳細は太陽光発電ムラ市場で
http://ichiba.solar-club.jp/


【中小規模風力発電を始めたい方、土地情報をお持ちの方へ】

風力発電の申請は非常に時間がかかります。

有利に取引ができる今のうちに
設置のための申請を無料でしておきませんか?

土地の売買、賃貸したいだけの方でも大歓迎です。詳細はこちらの記事をご覧ください。
https://goo.gl/sZFNTw

【太陽光発電ムラ入り口&ムラ市場】

太陽光発電を一緒に推進してくださる方なら、お悩み解決や部材調達からブログで副収入を得る仕組みまで、太陽光発電に関することならなんでもお任せください。

太陽光発電ムラ入り口
http://solar-club.jp/

太陽光発電ムラ市場
http://ichiba.solar-club.jp/

【メールマガジン登録のお願い】

今後、情報発信をメールマガジン最優先にしていく予定です。下記URLのメルマガ登録フォームからご登録をして頂ければ幸いです。
http://goo.gl/9NWCk4

【太陽光発電ムラの支部について】

太陽光発電ムラが大きくなってきたので、支部ごとの活動をはじめました。

各支部への入会希望やしげる会等のの詳細、開催希望は、各支部のFacebookグループにて 直接ご連絡下さい。

北海道支部 (北海道)
https://www.facebook.com/groups/688141667951400/

東北支部 (青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
https://www.facebook.com/groups/365407093632074/

北関東支部 (茨城、栃木、群馬)
https://www.facebook.com/groups/883522534999893/

南関東支部 (東京、神奈川、千葉、埼玉)
https://www.facebook.com/groups/590680501065491/

北陸支部(新潟、富山、石川、福井)
https://www.facebook.com/groups/835846653103865/

信州支部 (長野、山梨)
https://www.facebook.com/groups/817430128321441/

東海支部 (愛知、岐阜、静岡、三重)
https://www.facebook.com/groups/1500454763562151/

近畿支部 (大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)
https://www.facebook.com/groups/1523210431269265/

中国支部 (岡山、広島、山口、島根、鳥取)
https://www.facebook.com/groups/1515838772017010/

四国支部 (愛媛、高知、徳島、香川)
https://www.facebook.com/groups/1588296678066228/

九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
https://www.facebook.com/groups/337866033060492/


やはり地元の繋がりでは得られる情報の質と量が全く違いますので ぜひご参加下さい。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ メールマガジン
http://goo.gl/9NWCk4

太陽光発電ムラポータルサイト
http://solar-club.jp/

太陽光発電の情報発信で副業しましょう(無料ブログ)
https://solar-club.jp/member/

太陽光発電部材が格安で何でも揃う(ムラ市場)
http://ichiba.solar-club.jp/

太陽光発電に関する疑問解決なら(ムラびと相談所)
https://goo.gl/MTMsvy

太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd

(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)


太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>