太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記7

(カテゴリ: 世界の再生可能エネルギー)

タグ:

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4f7

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記1
http://bit.ly/33LmidM

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記2
http://bit.ly/2P8C5y0

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記3
http://bit.ly/2DOC6BN

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記4
http://bit.ly/2YmZFeG

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記5
http://bit.ly/2Egs4cT

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記6
http://bit.ly/2PL8oV7

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記7
http://bit.ly/37lOmqg

太陽神ラーに会いに行こう エジプトの太陽光発電探訪記8
http://bit.ly/2u7eZRz

お次はコム・エル・シュカファのカタコンベへ。ローマの文化の流れを組むこの地下礼拝堂とピラミッドが車で2時間の距離にあるのがこの国の面白いところ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4ff

整備されているのは施設内のみで、周りがおそらく低所得層のマンションというのが面白いところ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4f8

観光ガイドが無料で配られていると思ったら

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4fa

イスラム教を正しく理解させるためのパンフレットでした。よく出来ていて私のイスラムびいきも更に進んだのですが、日本の国旗に中文(中国語)とかくのはやめて欲しい・・・

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4fb

すごく歴史的に価値がありそうな発掘物が屋外のキャビネットに・・・予算不足でしょうか

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4fc

これも

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4fd

これも屋外に展示?というより番号札をつけられ整理されるのを待っているようでした。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f4fe

この写真だけ見せられら田舎のコンセプトを間違えて潰れたラブホの跡地にしか思えないだろうなぁ・・・

IMG 9809

中は非常に深く、地下5階くらいまでありそうな広さでした。

IMG 9806

こちらは埋葬された骨。古代人は骨太だった・・・のではなく馬の骨だそうです。

IMG 9808

こちらはお葬式の時に参列者が食事などをしたと言われている部屋。現代の日本のお葬式とあまり変わらないのかもしれません。

こちらの文化の面白いのは古代ローマの方式のも埋葬施設に、古代エジプトのミイラの方式で埋葬がされていること。エジプト人と日本人の相性がいいのは、日本の神仏習合のような文化がエジプト人にもある事がその理由の一つかもしれません。

IMG 9814

続いてポンペイの柱へ。こちらはローマのポンペイウスの墓と勘違いされて名付けられたそうですが、実際は災害を理由とする徳政令に対し市民が王に感謝の意を表すために立てたモニュメントだと言う説が有力だそうです。

IMG 9817

こう見ると10mくらいの柱に見えますが

IMG 9828

でかっ!台座を含めると30mほどあるそうです。

この柱、元々は一本ではなかったようで

IMG 9821

よく見ると残骸があちこちに落ちています・・・

IMG 9831

写真だと大きさがいまいち伝わらないのが悔しい

IMG 9822

地下にも施設があり

IMG 9823

墓地や礼拝堂などの施設になっていたようです。

IMG 9832

そしてまたもや雨ざらしで放置されるすごそうな歴史的遺産。値札つけて世界中の符号に買ってもらった方が、エジプト的にもお金持ち的にも歴史的にも幸せだと思う。

IMG 9836

そして次の目的地へ向かいます。カイロと同じくアレクサンドリアも渋滞がひどい。

IMG 9835

ただ車が激しく往来する街中に市場があり、皆さん買い物をしているんですよね。排ガス規制もないからしっかり洗わないと大変そうですが、たくましく生きているのを感じました。とにかく笑顔が多く老若男女がイキイキしているんですよね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5d0

続いてカーイト・ベイの要塞へ。こちらは15世紀後半、マムルーク朝のカリフ、アシュラフ・カーイトバーイが建設したとされています。

入り江の先端にあり、軍事基地として優れた立地に建てられていますがそれもそのはず。ここにはかつて世界七不思議の一つであったアレクサンドリアの大灯台があったとか。

度重なる地震で崩壊した大灯台の残骸の石を使ってこの要塞は作られたそうです。非常に賢いやり方ですが、出来れば復活させてほしかった・・・。

ちなみに世界七不思議の一覧はこちら。

ギザの大ピラミッド
バビロンの空中庭園
エフェソスのアルテミス神殿
オリンピアのゼウス像
ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
ロドス島の巨像
アレクサンドリアの大灯台

このツアーで2箇所行けちゃったのが凄い。さすが世界一の観光地と言われるだけありますね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5ce

細く長い道で大陸とつながっています。侵攻する側から見たらこれほどいい拠点はありません。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5d4

全体はこんな感じ。外側に一般兵の居住スペースが有ったそうです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5d5

海からの敵を迎え撃つための窓。この美しい景色を眺めながら銃を構えるってどんな気持ちだったのだろう。比較的平和な時代に生まれてよかった。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5e6

独房のようなところがあったので3分ほど人生を反省してみた後は

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5d7

昼食に要塞近くのギリシャ料理レストランへ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5f1

イメージが違うかもしれませんが、ここもエジプトです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5e0

アンチョビのフライにライムをかけたものがとても美味しかった。種が入らないようにガーゼで包む工夫は色々と使えそうですね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5e4

昨日まで砂漠でピラミッド見てたはずなに・・・砂漠と地中海が繋がっている事を改めて思い知らされます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5ed

ホテルに向かう間で見た屋台には太陽光パネルが。誰が設置したのだろう。複数あったので太陽光パネル付きの屋台を打っている業者がいるのかもしれません。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5f2

宿泊はアレクサンドリアのフォーシーズンホテル。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5f4

この飾りの一つ一つがバラの生花でした。これどうやって換えているんだろう。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5f7

夕食はアレクサンドリア料理。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5f8

ギリシャともカイロとも区別が付きません(笑)どれも美味しいからいいのですが

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5fd

翌日はアレクサンドリア博物館へ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f5fe

非常に魅力的な展示物ばかりでしたが・・・

私の関心はトイレのみ。この日は体調を崩しひたすらトイレに行っていたんですよね。ここのトイレは紙がなく大ピンチ。

でもツアーに同行していたユーチューバー弁護士、リッキー徳永さんが事務所で紙をもらってきてくれたおかげでなんとか助かりました。リッキーさんありがとうございました。

リッキーさんは経歴も話の幅も面白いのでぜひユーチューブチャンネルをご覧になってみてください。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f56c

続いて新アレクサンドリア大図書館へ。かつて世界一の蔵書数を誇ったアレクサンドリア大図書館と同じく、世界一の情報を集約しようとしている施設です。このあたり知へのこだわりもエジプトの強さの一つかもしれません。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f56a

学習スペースなども異常なくらい充実していて、イマドさんと同じアレクサンドリア大学に行きたいと思うくらいでしたが、一つ前の写真の表情を見て分かる通り私の頭の中は8割方トイレのことしか考えられていませんでした。

あ、ここのトイレはエジプト滞在中で一番キレイでした(笑)

UNADJUSTEDNONRAW thumb f56e

昼食はインスタ映えするこちらのレストランへ。宿泊施設も兼ねているそうです

UNADJUSTEDNONRAW thumb f56f

・・・が、ガラスを張ったテーブルが移動の際に破損。さらに外の蠅が以上に多く気持ち悪かったので中に入って食べました。生涯で片腕に10匹の蠅を確認したことは初めてです。思い出しただけでゾクゾクしますし、もう二度と体験したくない・・・。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f61b

「命を支える」という意味を持つエジプトのパン、”アエーシ”を焼いているところ。イースト菌で発行させないので膨らまず、ちょっと硬い感じですが美味しいです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f61c

こちらでもシーフード。やはりアレキサンドリアはシーフードレストランが多いですね。エジプトは本当に料理が美味しく、滞在中一度も食べられないと思うものがありませんでした。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f575

体調が悪かったのでたっぷりと昼寝をシて夕食へ。イマドさんから頂いた薬が効いてだいぶ助かりました。イマドさんありがとうございます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f576

こんなに大きなロティサリーオーブンは初めてみました。かなりの繁盛店だそうです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f577

うーん。早く食べたい

UNADJUSTEDNONRAW thumb f578

店内もとても陽気で日本にいる感じ。ただ唯一違うのはイスラム圏なのでお酒がないこと。お酒が飲めるのは基本的にホテルですね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f579

そしてその分、スイーツ好きなのがエジプト人というか中東人。この甘いスイーツだけはどうしても馴染めないんですよねぇ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f57a

メニューはこんな感じ・・・・読めるか!ヽ(`Д´)ノ

もちろん全く読めませんがグーグル翻訳のアプリでカメラ機能を仕えばリアルタイムで翻訳してくれます。翻訳しても意味がわからないものが少なくありませんが、少なくともフィッシュかビーフかチキンかくらいがわかるだけでもありがたかったです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f57d

定番のケバブを中心にとんでもない量のケバブと格闘していたので写真をほとんど取り忘れました。ミントとレモンのジュースが美味しかったです。あれ日本に輸入したいなぁ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f57e

これが全部お肉です。お米を入れたり野菜を巻いたり手を変え品を変えお肉を食べさせます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f57f

店員さんが調子に乗ってお皿を大量に運ぶところ。エジプト人はこのあたりのサービス精神がやたら旺盛です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f582

食後はイマドさん、カリドさんに連れられてシーシャバーへ。バーと言ってもお酒はなく、シーシャとお茶を楽しみながら、サッカーを見る健全な?場所です。

この日はエジプト出身のリヴァプールのFW、モハメド・サラー選手が出る試合があるということでとても混んでいました。

エジプトはアル・ヒラルなど名門サッカーチームも多く、一番人気のあるスポーツもサッカー。ちなみにモハメド・サラー選手は先に大統領選で5%の得票をしたそうです。出馬してないのに(笑)

UNADJUSTEDNONRAW thumb f587

あまりにシーシャが楽しかったのと、ホテルのシーシャバーにも行ってみたくなって一人でシーシャバーのはしごに。凄い高級感でしたがウィスキー一杯とシーシャで3000円弱くらいでした。日本よりだいぶ安いですね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f634

翌日は体調も戻り元気に朝ごはんを。見た目の通り抵抗感のない朝食です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f635

朝食に出ていたリアルな食用蜂の巣。焼き肉のハチノスとそっくりですね。もちろんこちらが元祖ですが。ものすごく健康にいいとか。思ったよりは甘くなかったです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f638

陸路でカイロに戻った後、最終目的地のシャルム・エル・シェイクに向かいます。この時は石田さんの興奮っぷりにいまいちついていけませんでしたが、後で理由がわかりました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f639

子供のおみやげに買ったヒエログリフ小物入れ。1000円くらいでした。空港はディスカウントしてくれませんね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb f58e

カフェのパンが賞味期限ごとに価格が違うのに驚きました。日本でも直前の割引だけではンクこうすればいいのに。

最後まで書ききりたかったけど大晦日の食事の時間が来てしまったのでここで断念。今年中に最後まで発信できるといいなぁ。

続きます。





にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログランキング登録しています。
日本の再生可能エネルギー推進に
賛成の方はぜひクリックをお願いしますm(_ _)m

※※以下お知らせ※※

太陽光発電ムラ関東(南北)支部合同しげる会2020年1月@池袋 新年会のお知らせ!

http://bit.ly/2SBFBo1

第13回太陽光発電ムラ東海支部しげる会&大新年会in名古屋のお知らせ

http://bit.ly/2MHG6ZS

【一般社団法人太陽光発電事業者連盟無料会員募集中】

会員数が多ければ多いほど、リスクを負って太陽光業界に身を投じている太陽光発電事業者野お役に立てますぜひご登録をお願いします。
メール会員http://bit.ly/2X8UMse

【太陽光発電所分譲・部材情報 随時更新中】

詳細は太陽光発電ムラ市場で
http://ichiba.solar-club.jp/

 

【太陽光発電ムラ入り口&ムラ市場】

太陽光発電を一緒に推進してくださる方なら、お悩み解決や部材調達からブログで副収入を得る仕組みまで、太陽光発電に関することならなんでもお任せください。

太陽光発電ムラ入り口
http://solar-club.jp/

太陽光発電ムラ市場
http://ichiba.solar-club.jp/

【メールマガジン登録のお願い】

今後、情報発信をメールマガジン最優先にしていく予定です。下記URLのメルマガ登録フォームからご登録をして頂ければ幸いです。
http://goo.gl/9NWCk4

【太陽光発電ムラの支部について】

太陽光発電ムラが大きくなってきたので、支部ごとの活動をはじめました。

各支部への入会希望やしげる会等のの詳細、開催希望は、各支部のFacebookグループにて 直接ご連絡下さい。

北海道支部 (北海道)
https://www.facebook.com/groups/688141667951400/

東北支部 (青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
https://www.facebook.com/groups/365407093632074/

北関東支部 (茨城、栃木、群馬)
https://www.facebook.com/groups/883522534999893/

南関東支部 (東京、神奈川、千葉、埼玉)
https://www.facebook.com/groups/590680501065491/

北陸支部(新潟、富山、石川、福井)
https://www.facebook.com/groups/835846653103865/

信州支部 (長野、山梨)
https://www.facebook.com/groups/817430128321441/

東海支部 (愛知、岐阜、静岡、三重)
https://www.facebook.com/groups/1500454763562151/

近畿支部 (大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)
https://www.facebook.com/groups/1523210431269265/

中国支部 (岡山、広島、山口、島根、鳥取)
https://www.facebook.com/groups/1515838772017010/

四国支部 (愛媛、高知、徳島、香川)
https://www.facebook.com/groups/1588296678066228/

九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
https://www.facebook.com/groups/337866033060492/

 

やはり地元の繋がりでは得られる情報の質と量が全く違いますので ぜひご参加下さい。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ メールマガジン
http://goo.gl/9NWCk4

太陽光発電ムラポータルサイト
http://solar-club.jp/

太陽光発電の情報発信で副業しましょう(無料ブログ)
https://solar-club.jp/member/

太陽光発電部材が格安で何でも揃う(ムラ市場)
http://ichiba.solar-club.jp/

太陽光発電に関する疑問解決なら(ムラびと相談所)
https://goo.gl/MTMsvy

太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd

(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>