海外太陽光発電視察@カンボジア4

IMG 2007

海外太陽光発電視察@カンボジア1
http://bit.ly/2Cvw3nh

海外太陽光発電視察@カンボジア2
http://bit.ly/2IMsKIM

海外太陽光発電視察@カンボジア3
http://bit.ly/2PuhbrS の続きです。

最終日はフライトまで時間が少しあったので、友人が絶対に行ったほうがいいというトゥールスレン虐殺博物館に行きました。

名前を聞くだけで嫌な気分になりますし、行った誰もが気が重くなったというので、正直なところ行きたくなかったのですがだからこそ見なくてはいけないと思い足を運んだ次第です。

IMG 2008

日本語のガイドも音声配信されていました。

IMG 2009

この悲しみしか感じられない博物館に8ドル払うのは何かを試されている気がします。

IMG 2010

こちらのイヤフォンと

IMG 2012

携帯端末を利用して作った本体で各展示場所に示されたナレーションが流れます。

IMG 2011

入った瞬間から重苦しい雰囲気が・・・

IMG 2014

こちらはこの場所が開放された時に殺されていた11人を追悼するためのお墓だそうです。

ここトゥールスレンは元々は学校だったのですが、ポルポト率いるクメール・ルージュが占拠し秘密裏に収容所と言うなの拷問所として秘密裏に使用されていた施設だそうです。

彼らは革命が成功したのに国全体が飢餓に苦しむのは自分たちのせいではなく、アメリカのCIAなどの工作のせいだと疑い、同胞を疑って次々と投獄していたのだとか。

展示物の脇に記載してあるオーディオの番号を押すと、非常に重苦うしいナレーションが流れます。涙したり気分が悪くなっている人も多数見かけました。私も途中で頭が痛くなり逃げ出したくなりましたが、なんとか最後まで見学できました。私の辛さなんてここに収容されていた方々の辛さに比べればゼロのようなものですから。

IMG 2015

最初は写真を撮っていましたが、撮影禁止の札に気づいたことと、これは写真を見せるより是非訪れて体感してほしいという気持ちからすべての写真を削除しました。

自分の母校が秘密裏に政府によって収容施設にされ、そこで最低1万人以上の数え切れぬほどの人が日々拷問されて自白を強要され、次々と死んでいったと思うと非常に重苦しい気持ちにもなりましたが、最終的に私に芽生えた感情は怒り。

拷問棟を見たあとの展示棟に、ポルポトを筆頭にクメール・ルージュの患部の写真が飾られているのを見て、殴り、蹴り飛ばし、跡形もなく燃やしたくなる気持ちを抑えるのに必死でした。

資本主義経済が万能だとはいいませんが、はっきりしない基準によって運営される社会よりはずっとマシなんだと再認識。お金の流れが民を済う仕組みをしっかりと作ること、そしてその中でお金として結果を出すことは本当に大事なのだと思い知らされました。

もちろんお金より全人類が共通で信じられて、客観的に比較評価ができる何かがあるといいのですが、なかなかすぐにそんなものは発明されそうもありません。

現ルールが社会を真の意味で発展させているかどうか、そしてその正しいルールの中で自分が数字をあげられているかどうかを常にチェックしながら、再生可能エネルギーで自給率200%の社会を作っていこうと決意を新たにしました。。

IMG 2031

最後に立ち寄ったプノンペンのカフェからの風景。これからずっとこの国が平和でありますように。

今回お世話になったGさん、Uさん、Yさん、T兄さんありがとうございました。また伺います



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログランキング登録しています。
日本の再生可能エネルギー推進に
賛成の方はぜひクリックをお願いしますm(_ _)m


※※以下お知らせ※※

【再生可能エネルギーと農業で真に豊かな社会を 子供達のために本当に残すべきもの】

【会場】 城南信用金庫本店
     東京都品川区西五反田7-2-3
     https://goo.gl/maps/isWsRVgJQ6q
【日時】 2018年11月22日(木曜日)12時半会場  18時終了
【会費】 無料
【定員】 100名

【講師】
  千葉エコ・エネルギー株式会社 代表取締役 馬上 丈司
  京都大学大学院経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授 安田陽 
  城南信用金庫 顧問 吉原毅

【スケジュール】
13:00 会場

13:30 発起人挨拶
   太陽光発電ムラ 代表 谷口洋和  
   「エネルギーと食料の自給自足」
14:00
   千葉エコ・エネルギー株式会社 代表取締役 馬上 丈司
   「真の食料自給のために - 農業と共にある再生可能エネルギー」
    ~ソーラーシェアリングによるエネルギーと食料自給のミライ~
14:50 
15:00
   京都大学大学院経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座
    特任教授 安田陽
    「次世代への富の再配分としての再生可能エネルギー」
15:50
16:00
    城南信用金庫 顧問 吉原毅
    「地域金融機関から見たソーラーシェアリング」
16:50
18時より懇親会(希望者のみ)  

主催 太陽光発電ムラ 後援 城南信用金庫

お申込み、お問い合わせはこちらのフォームから
お願いします。
https://goo.gl/forms/vO7rhLRepVgxAlFo1



【太陽光発電所分譲・部材情報 随時更新中】

詳細は太陽光発電ムラ市場で
http://ichiba.solar-club.jp/


【太陽光発電ムラ入り口&ムラ市場】

太陽光発電を一緒に推進してくださる方なら、お悩み解決や部材調達からブログで副収入を得る仕組みまで、太陽光発電に関することならなんでもお任せください。

太陽光発電ムラ入り口
http://solar-club.jp/

太陽光発電ムラ市場
http://ichiba.solar-club.jp/

【メールマガジン登録のお願い】

今後、情報発信をメールマガジン最優先にしていく予定です。下記URLのメルマガ登録フォームからご登録をして頂ければ幸いです。
http://goo.gl/9NWCk4

【太陽光発電ムラの支部について】

太陽光発電ムラが大きくなってきたので、支部ごとの活動をはじめました。

各支部への入会希望やしげる会等のの詳細、開催希望は、各支部のFacebookグループにて 直接ご連絡下さい。

北海道支部 (北海道)
https://www.facebook.com/groups/688141667951400/

東北支部 (青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
https://www.facebook.com/groups/365407093632074/

北関東支部 (茨城、栃木、群馬)
https://www.facebook.com/groups/883522534999893/

南関東支部 (東京、神奈川、千葉、埼玉)
https://www.facebook.com/groups/590680501065491/

北陸支部(新潟、富山、石川、福井)
https://www.facebook.com/groups/835846653103865/

信州支部 (長野、山梨)
https://www.facebook.com/groups/817430128321441/

東海支部 (愛知、岐阜、静岡、三重)
https://www.facebook.com/groups/1500454763562151/

近畿支部 (大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)
https://www.facebook.com/groups/1523210431269265/

中国支部 (岡山、広島、山口、島根、鳥取)
https://www.facebook.com/groups/1515838772017010/

四国支部 (愛媛、高知、徳島、香川)
https://www.facebook.com/groups/1588296678066228/

九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
https://www.facebook.com/groups/337866033060492/


やはり地元の繋がりでは得られる情報の質と量が全く違いますので ぜひご参加下さい。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ メールマガジン
http://goo.gl/9NWCk4

太陽光発電ムラポータルサイト
http://solar-club.jp/

太陽光発電の情報発信で副業しましょう(無料ブログ)
https://solar-club.jp/member/

太陽光発電部材が格安で何でも揃う(ムラ市場)
http://ichiba.solar-club.jp/

太陽光発電に関する疑問解決なら(ムラびと相談所)
https://goo.gl/MTMsvy

太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd

(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)


太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>