黄鉄鉱を採りに行こう【神奈川県秦野市】

(カテゴリ: ▲商用自然科学系サッカー少年育成記)
先日、実家に帰った際に子供が暇そうにしていたので 黄鉄鉱を採りに行きました。 黄鉄鉱とは硫化鉱物の一種で昔は鉱石ラジオなどに使われたとか。 もちろん私はそんな世代ではありませんが、金のような石が採れるというので 小学生の頃に何度か遊びに行ったことがありました。 金属でも石油でもガスでも、精製の仕方を知っていても意外とどこで採れるかは 意外と知らないものですよね。私も材料系の工学修士ですが 様々な材料がどこでとれているのかをあまり知りませんでした。 これからは子どもと一緒に勉強していきたいとおもいます。 昔の記憶をたどりながら峠(地域の名前)についたものの 記憶も曖昧で案内の図もなく、何より付近に人通りがありません。 Webで幾つかブログがあったものの道順はしっかり書かれていませんでしたので 私が頑張って記録しようともいます。 グーグルマップだとこのあたりです。 小田急の渋沢駅からバスが出ています。そこから歩いて10分くらいです。 私は車で行ったのでトンネルを超えたところから道案内を。
大きな地図で見る だいたいこの辺です。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 トンネルを出たらすぐに左折してください。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 峠のバス停。電車とバスてきた人はここからスタート。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 この分岐はそのまままっすぐ、左方向の道に進んでください 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 次のこの分岐も素直に道路沿いに右に 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 そしてすぐに左に曲がります。民家の庭に出てしまいそうな雰囲気ですが めげずにとにかくまっすぐ進んでください。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 当日の私の服装です。出張から合流したので私服はユニクロで買ったパンツのみ。 実家に置きっぱなしだったフットサルシューズと父が10年前に買った革ジャン。 町を歩いていたら美的センスを疑われるだけでなく 多少荒れた道を歩く格好でもありません。 メンバーは5名でした。小学生以上推奨ですが頑張ればちびっ子がいても 体力に自身がある方ならなんとかなると思います。あとは自己責任で。 この日のメンバー  しい 190cm84kg 35歳サッカー大好き  長男 110cm20kg 5歳わんぱく   次男 90cmくらい? 2歳やんちゃ  しいの妹 167cm   32歳バスケ好き  しいの姪 80cmくらい? 1歳男嫌い 雨で足場が荒れた日でしたが何とかなりました。でも推奨はしません。 $太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 入り口です。車はここまで。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 ちょっとしたジャングルのようです。夏だったら虫よけ対策必須。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 第一の難所です。見えづらいですが川が流れています。 丸木橋があるという情報もあったのですがなくなっていました。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 5歳の長男は少しだけ手伝いましたがほぼ一人で渡れました。 2歳の次男と1歳の姪は私が抱っこして渡りましたが 1歳児、2才児を連れてくるのにふさわしい場所でないことは 妹の表情から読み取っていただけるかもしれません(笑) 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 第2の難所。道が細く急に下っています。 やはり1歳2歳は抱っこで移動です。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 長男は勝手に進んでいってしまいました。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 目的地に到着。 次男がドヤ顔をしていますが彼は殆ど歩いていません。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 今見ると防空壕のようにも見えます。 こんな山中を爆撃したら爆弾の無駄遣いでしょうが。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 手前に見える石膏の中に黄鉄鉱が含まれています。 ちょっと不気味です。おおきな落盤事故でもあったのかと思うと・・・ 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 経済的理由で閉鎖されたようです。 しかも石膏採取のためのものだったとは知りませんでした。 この時点ではただの白い石を拾いに来ただけなので 子どもたちもあまり喜んでいません。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 すっかり慣れた長男は帰りは一人でどんどん進んでしまいます。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 無事に車まで到着。 革ジャンがちょっとだけ汚れてしまいました。 ごめんよ父さん・・・・ 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 採取した石膏です。3つだけ頂いて来ました。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 さて作業開始です。まずはカナヅチで 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 粉々に砕きます。柔らかいので簡単に砕けます。 ある程度手でも割れます。 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 細かくなったら茶こしに入れたまま叩いて 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 水で流せば石膏がなくなって 太陽光発電所訪ねて三千里。地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 直径1mmくらいの黄鉄鉱が顔を出します。見えないかな? 子どもたちは金だといって一瞬だけ喜びましたが あとはおやつに夢中でした。 でもいいんです。目的の鉱物を採るのにどれだけ無駄に 山を削らなければいけないか、いつかイメージできるようになってくれれば。 かくいう自分がいちばん勉強になりました。 貴金属になれば1トンから数mgなんてことも珍しくないそうですから 都市鉱山が注目されるわけですよね。 次は石油を採取しに行きたいと思います。
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>