50kWi太陽光発電所の20年間を考慮したケーブルタイ

(カテゴリ: ▲太陽光発電で儲ける!, ▲未分類)
アルミケーブルタイ 50kW太陽光発電所抜けのケーブルタイです。 通常はプラスチック樹脂製の物を使うことが多いのですが、 樹脂製だと20年の間に紫外線によって劣化し、 変色だけで済めばいいのですが、硬化して最終的には 割れる可能性も高まってきます。 これが割れて壊れてしまえば、ケーブルとパネルの 接続を支えるものはケーブルのソケットのみとなってしまい 風などによって外れてしまう可能性も高まりますよね。 もちろん高いものではないので、交換した所で 大した費用負担にはならないのですが、 このような些細な点まで細かくメンテナンスを 業者さんがしてくれる保障はありません。 また、自分でメンテナンスをするにしても、 200枚パネルがあったとしてケーブルタイは 各パネルに4箇所はあります。 800箇所のケーブルタイの確認をするのは 非常に骨が折れますし、疎かになりがちだと 思うんですよね。 こんな些細な点にまでしっかりと気を配ってくれる 太陽光発電接地業者さんを選んでいきたいものです。
太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>