2019年の太陽光発電推進を自分たちの手で

(カテゴリ: 新着情報)
IMG 3052

太陽光発電を愛する皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。

2019年度の太陽光発電

人のせいにはしない太陽光発電の未来

2019年は全ての太陽光発電所オーナーが、”自身の太陽光発電所を増やす”。”維持する”ということだけではなく、”太陽光発電業界全体がどのように見られているか”、”どう具体的に動いていくか”を特に意識していく必要があります。

まだ読んでない方にはぜひ読んでほしいのですが、日経エネルギーNEXTの記事で衝撃的な内容がありました。(リンク先は会員のみ読めますが、会員登録は無料です)
「再エネ議連が動いた、バイオマスFIT改正騒動」
https://nkbp.jp/2RlKCRm

リンク先の記事では以下のように締めくくっています。

今回の件で、再エネ発電は制度リスクが高いということが、金融機関を含めて広く認識されただろう。FITを活用した再エネ発電事業は、制度に担保され予見性の高い事業だったはず。しかし、予測不能な制度変更リスクがついて回る予見性の低い事業という見方も否定できなくなった。

 また、制度設計スキームへの不信感も募っている。事業への影響が非常に大きな制度変更であったにもかかわらず、議論を尽くしたとは到底言えない。各業界の意見を聞き、現場の運用に沿った改正案を提示すれば、今回のような騒動にはならなかったはずだ。意見を言う場が委員会では一切設けられず、いきなりパブリックコメントに突入するという政策立案手法には疑問が残る。

 再エネ発電は今後の成長が期待できる産業の1つだ。制度と切っても切り離せない電気事業であるからこそ、政策議論には透明性や熟議が欠かせない。

この記事を読んで

「資源エネルギー庁がけしからん」

と思う方が多いかも知れませんが、今回は業界団体からの話を受けた再エネ議連からの働きかけで一気に制限が緩和されています。これは、国会を通さない強引な方法での制度改正を望んだ方々がいるという事でしょう。

再生可能エネルギーの推進が世界の流れだからといって、その勢いだけでは日本は変わりません。時代が激変する中、個人でも法人でも生き残りに必死です。今回の制度改正を目論んだ方々も、自分たちが培った組織とノウハウを活かし、出来るだけの事をしただけのこと。

私たち太陽光発電事業者は屋根で200万件、野立てでも50万件を超えています。世界中が太陽光発電を推進している中、これだけの数が一堂に会す事が出来れば無理な制度改正も防げますし、現場の意見を制度設計に反映させることも出来るでしょう。

そのためにもASPEn(太陽光発電事業者連盟)の拡大が鍵になって来ます。ぜひ皆様のお力添えをよろしこう願いします。

既にご登録いただいた皆様、ありがとうございます。Facebookではお伝えさせていただきましたが、早期登録特典を1月15日まで延長することになりました。まだ登録を済ませてない方はこちらからご登録をお願いします。
https://www.aspen.or.jp/register/



写真はイオンの秦野店の屋上から。富士山が見えました。長男の書き初めの宿題用に条幅?(長半紙)を買いに来たのですが、地方によってサイズが違っていて新潟県用はAmazonにすら売っていないという衝撃的な事実が。

「習っていない漢字を使わせない」など、どうでもいい事を揃えるよりまずは半紙のサイズから揃えてほしいなぁ。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログランキング登録しています。
日本の再生可能エネルギー推進に
賛成の方はぜひクリックをお願いしますm(_ _)m


※※以下お知らせ※※

【一般社団法人太陽光発電事業者連盟無料会員募集中】

会員数が多ければ多いほど、リスクを負って太陽光業界に身を投じている太陽光発電事業者野お役に立てますぜひご登録をお願いします。
https://www.aspen.or.jp/%2Fregister

【支部しげる会(懇親会)のお知らせ】

2019年1月19日(土)太陽光発電ムラ 四国支部 in 高知しげる会
http://bit.ly/2B4OzQ8

【太陽光発電所分譲・部材情報 随時更新中】

詳細は太陽光発電ムラ市場で
http://ichiba.solar-club.jp/


【太陽光発電ムラ入り口&ムラ市場】

太陽光発電を一緒に推進してくださる方なら、お悩み解決や部材調達からブログで副収入を得る仕組みまで、太陽光発電に関することならなんでもお任せください。

太陽光発電ムラ入り口
http://solar-club.jp/

太陽光発電ムラ市場
http://ichiba.solar-club.jp/

【メールマガジン登録のお願い】

今後、情報発信をメールマガジン最優先にしていく予定です。下記URLのメルマガ登録フォームからご登録をして頂ければ幸いです。
http://goo.gl/9NWCk4

【太陽光発電ムラの支部について】

太陽光発電ムラが大きくなってきたので、支部ごとの活動をはじめました。

各支部への入会希望やしげる会等のの詳細、開催希望は、各支部のFacebookグループにて 直接ご連絡下さい。

北海道支部 (北海道)
https://www.facebook.com/groups/688141667951400/

東北支部 (青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
https://www.facebook.com/groups/365407093632074/

北関東支部 (茨城、栃木、群馬)
https://www.facebook.com/groups/883522534999893/

南関東支部 (東京、神奈川、千葉、埼玉)
https://www.facebook.com/groups/590680501065491/

北陸支部(新潟、富山、石川、福井)
https://www.facebook.com/groups/835846653103865/

信州支部 (長野、山梨)
https://www.facebook.com/groups/817430128321441/

東海支部 (愛知、岐阜、静岡、三重)
https://www.facebook.com/groups/1500454763562151/

近畿支部 (大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)
https://www.facebook.com/groups/1523210431269265/

中国支部 (岡山、広島、山口、島根、鳥取)
https://www.facebook.com/groups/1515838772017010/

四国支部 (愛媛、高知、徳島、香川)
https://www.facebook.com/groups/1588296678066228/

九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
https://www.facebook.com/groups/337866033060492/


やはり地元の繋がりでは得られる情報の質と量が全く違いますので ぜひご参加下さい。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ メールマガジン
http://goo.gl/9NWCk4

太陽光発電ムラポータルサイト
http://solar-club.jp/

太陽光発電の情報発信で副業しましょう(無料ブログ)
https://solar-club.jp/member/

太陽光発電部材が格安で何でも揃う(ムラ市場)
http://ichiba.solar-club.jp/

太陽光発電に関する疑問解決なら(ムラびと相談所)
https://goo.gl/MTMsvy

太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd

(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)


太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>