エネルギーを世界的に考える アゼルバイジャンに行ってきました

IMG 8237

少し仕事が一段落したので、誘われていた
アゼルバイジャンツアーに行ってきました。

産油国として安定した経済成長を
遂げているアゼルバイジャン。
定期預金の金利が17%とは驚きましたが、
その分融資の金利も高いので不動産投資は大変そうですね。

私の後方奥に3つ見える爪状の建物はフレイムタワー。
アゼルバイジャンの象徴的な建物です。
それぞれの商業施設、ホテル、事務所が入っています。

IMG 8082

こちらはカザールアイランド。
世界一の人口島の都市計画です。
中心部には1050mの世界一のタワーと建てる予定だとか。

このタワーのように世界一を集めて
資金を集める戦略はドバイと同等ですが
ドバイが1980年台に採算性の悪い
石油採掘をやめているのに対し、
このアゼルバイジャンの首都バクーは
ヨーロッパへの原油の供給量No2を誇る資源国です。

一時的に資金調達が難しくなることが
あっても長期的には安定した成長を遂げることでしょう。

IMG 8134

こちらはコブスタン国立保護区
特徴的な地形の中に古代人が描いた
壁画が残されています。

このアゼルバイジャンはこの頃から数会、
海面下に沈んだり、他国に占領されたりと
文明は途中で途絶えがちですが、豊かな土地に
人が集まるせいか貴重な遺跡が非常に多いです。

IMG 8192

こちらは絨緞の展示場。
これ以上わかりやすい建物はないというくらいに
わかりやすいデザインですね(笑)

IMG 8171

こちらはイスラムの寺院であるモスク。
アゼルバイジャンのイスラム教は比較的緩く
街中でも各店舗でお酒を飲むことも出来ますが
さすがにお祈りはしっかりとしたものでした。

ドバイと同様にこのアゼルバイジャンも
砂漠に湧いた都市計画が加速度的に進むと言われています。

その中で必要となってくる資金、人材、資材の確保は
まだまだこれからのようですが、エネルギーは現時点で
足りていないようでした。

私達が見学したこの日も風が強く
電力の系統を遮断したそうで開業しているはずの
レストランに電力が供給されていませんでした。

オフグリッドの発電システムが売れそうな気がするので
ちょっと情報を集めて試してみたいと思います。

【太陽光発電ムラ仲間随時募集中です】

太陽光発電で収入を得ながら一緒に子どもたちの
明るい未来を切り開きませんか? 太陽光発電ムラではいつでも仲間を募集しています。

太陽光発電ムラ”メールマガジン
http://goo.gl/MB6qWo

太陽光発ムラFBグループ
http://goo.gl/YLZihd
(スパム対策のため下記アカウントにメッセージをください)

管理人のFBアカウント
http://goo.gl/rwIvck
(同じ志を持つ方のお友達申請は大歓迎です)

太陽光発電ムラ拡大作戦本部HPおよびブログ http://goo.gl/7tCvgt

太陽光発電ムラセミナー動画配信中
http://goo.gl/mFe8oB

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>