低圧太陽光発電のキャッシュフローが年間20万円悪化する時代

 

 

 

1月22日の調達価格等算定委員会の資料に廃棄等費用の積み立ての資料が出ています。

https://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/pdf/067_01_00.pdf

 

スクリーンショット 2021-01-25 17.26.44

廃棄等費用の積み立てというのはわかりやすくいうとこんな感じです。

 

「太陽光発電事業者なんて悪い奴らに決まってる。

20年後は絶対発電所の不法投棄が続発するはず。

そうなっても平気なようにあらかじめ廃棄費用を強制積立しておこう。

積立金は売電収入から天引きして経産省の天下り団体が管理する事にしよう。」

 

こんな感じです。

まぁ、天下り団体に甘い汁を吸わせてあげないとこの国では再エネが増えていくこともなさそうなのである程度は仕方がないとしても・・・

 

これが実は結構厳しいです。

僕が保有している案件で言うと

36円案件  84000円

24円案件  90470円

21円案件  99000円

 

なんと。。。

kWhごとに徴収されるので案件ごとに微妙に違うんですが6つの発電所で年間約55万ほど徴収される事になりそうです。

それが10年間。

550万円。。。

 

本来であれば、このお金はどこかに再投資することができ、更なるキャッシュフローを生みつつ事業終了時にはきちんと発電所を処理するために使われるお金です。

 

そのお金が10年間死んだお金としてプールされる。

投資に関わるものとしては本当に悔しい思いです。

 

そのほか、発電側基本料金も2023年から

発電側基本料金なんてものも出てきます。

2023年からです。

こちらはざっくり言うとパワコンのkWに応じてかかり、ざっくり年間9万円ほどです。(49.5kWごと)

そうするとここでも年間54万円のお金が出ていく事になります。

こちらは費用なので普通になくなってしまうお金です。

 

合計すると年間100万円以上がなくなる計算です。

 

これ、普通に赤字になる発電所が出てくると思います。

 

借金背負って国のために再エネ投資をして、年間のキャッシュフローが後出しジャンケンで赤字にされてしまう僕たち再エネ事業家。

 

いったい僕たちは何をやっているのか。

国は再エネをどうしたいのか。

 

 

************* お知らせ *****************

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電事業者目線で配信しているyoutube番組 太陽光発電ムラチャンネルはこちら

借金大好きhamaskaiさんもメインスピーカーの一人として赤裸々に・全部まとめて・わかりやすく解説してます!

赤裸々に、生々しく、面白く!

太陽光発電事業を使った収入の複線化についても話していきます!

https://www.youtube.com/watch?v=AqBi5Nn_ruY

一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)の登録はこちらから

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

One Comment

快晴

発電側基本料金の件は以前から言われておりましたが導入されるとかなり痛いですね 廃棄費用積立、インボイス等々逆風です
再生可能エネルギー普及の為にも
何とか声を上げていきたいですね

Reply

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>