分譲と自作の落とし穴 ハイリターン&ハイディレイ ミドルリターン&ミドルディレイ

低単価物件(18円、21円)で利回り10%の分譲物件なんてやっても意味がない。業者は利益をのせすぎだ!

確かに自分で土地を買い、自分で申請し、自分で工事を発注し、自分で部材を購入したら割安になり、14%程度の利回りが出るという方もいます。

しかし分譲物件は10%〜12%近辺。

どうですか?みなさん分譲物件は高いと思いますか?

56b634f76481f2ba1c243e7fe00dc268_s

実際のところどうなのか 買い進めているのは分譲がメイン

僕は太陽光発電所の売り手でもありますし買い手でもあります。

その目線から選んだ場合どうなるでしょうか?

それは僕が保有している発電所を見てみれば答えがわかると思います。

1基目 自社分譲物件 岩手
2、3基目 セカンダリ物件 新潟
4基目 新潟の分譲物件

見事に4基とも分譲が並んでいます。

一方で、権利のついた土地は長野県で保有しています。

この物件が一番利益を稼いでくれる予定なので、本音は「兎にも角にも長野を動かしたい」これに尽きます。

太陽光発電ムラ市場

しかし動かしたくてもうごかせない ハイリターン自作型のジレンマ

  • 土地の取得に1、2ヶ月
  • 申請を出すのに半年以上
  • 農地転用で2、3ヶ月
  • パネルが廃盤になっていたことがわかりもう半年は動かない

このような状態です。

実際に施工する際には教育委員会、農業委員会、生活科に着工届を出す必要があります。

 

土地を買って、申請して、お金を集めて、作る

 

字で書けば1行で済みますが、実際は多くの時間、手間、専門知識が必要になります。

実際に僕の長野の物件は、その時間や手間で止まっているのです。
この物件と同時に検討を開始した新潟のセカンダリ物件は売電を1年経過しました。

 

一方で長野の自作物件はこの1年間土地を買っただけです。
200万円以上お金を使ったのに1kWも1円も発電できていません。

土地代は自腹(過去の投資利益)で購入していますから借金大好きhamasakiさんとしては「看板に偽りあり」状態と言えます。

JARO(公共広告機構)から過大広告で注意喚起を受ける恐れが出てきました。(出てきません)

 

そういう意味では

自作型はハイリターンだけど稼働するまでに時間が掛かる(ディレイが大きい)

分譲型は収入は減るが、その分面倒な作業は終わっているのでディレイが少ない

 

これが一つの答えのように思います。

みなさんはどう思いますか?

************* お知らせ *****************

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

<信販・金融機関紹可能>【頑固職人プロデュース案件】鳥取県日野郡分譲 39.3kW867万円(税込)

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

みなし認定申請と標識看板の設置は無料で実施します!

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>