農地転用のススメ あなたの土地は1種?2種?

実家が保有している耕作放棄地で太陽光発電がしたい

こんな人から相談をもらいました。

be9d11d75c481b862f1970557f057fb0_s

こういったケースの場合、ポイントになるのは農地の種類です。

 

>>(続き)農地転用のススメ2 具体的なハードルをは何か?

>>(続々)農地転用のススメ3 無数にある落とし穴にハマらないためにできること

 

太陽光発電ムラ市場

実家が保有している土地が1種農地の場合

これは結構ハードルが高いです。

1種農地の場合は転用ができませんから営農をしながらソーラーシェアリングの形でやっていく必要があります。

しかし耕作放棄地をもう一度農地として再生しつつ、(場合によっては遠く離れた実家で)実際に営農し太陽光発電事業を行うわけです。

発電事業者からしたら発電したいのに新たに営農をしないといけないわけです。

 

できないわけではないのでしょうがハードル高いですよね。

シェアリング用の架台、シェアリング用のパネルの枚数で固定価格買取制度の申請をする必要がありますからこの時点で「何を栽培するか」も決めておく必要があります。

 

実家が保有している土地が2種農地の場合

一方、この場合はハードルが一気に下がります。

何と言っても保有しているわけですから申請は簡単です。

土地の所有者(多くの場合は親)の印鑑証明と権利証明(経産省が用意しているフォーマットがあります)があれば経産省には申請ができます。

実際の農地転用手続きは固定価格買取制度の権利が取れてからになりますが、前もって農業委員会に相談に行き転用手続きの全体像は理解しておく必要があります。

2種農地であっても周囲の農地に悪影響があると主張されたり、周辺住民の同意が取れなかったりすると農地転用が進まなくなる場合があります。

 

事業認定の取得 → 農地転用申請(自分の土地の場合は4条申請、売買契約が絡む場合は5条申請)→ 転用許可取得 → 発電所設置 という流れです。

 

なぜ農地転用をしたいのか

実はこれ、昨日とある方からご質問をいただいた内容です。

答えは「多くの場合農業が儲からないから」です。

耕作放棄地が増えているのは99%これが理由です。

農業が儲かるのであれば耕作放棄地は出てきませんから。

一方、農地転用をしてしまうとその土地は農地ではなくなってしまいます。

固定資産税が上がってしまいます。

奇跡的に農業政策の転換が起こり、農業が儲かる産業になった時、この土地で営農するのは難しくなる可能性があります。

 

 

>>(続き)農地転用のススメ2 具体的なハードルをは何か?

 

************* お知らせ *****************

銀行員から「浜崎さんの計画書をください」と言われた太陽光の計画書が付いてくる動画はこちら

題名:サラリーマン流の融資の通し方 ベンチャー3年目の社員が2年で6000万円の融資を通した事例紹介

講師 : 私

アドバイザー : もがみ自然エネルギー 栗田伸一

<信販・金融機関紹可能>【頑固職人プロデュース案件】鳥取県日野郡分譲 39.3kW867万円(税込)

太陽光発電ムラ仲間募集中!

facebookグループ「再エネでエネルギー自給率200%を目指す太陽光発電ムラ」仲間募集中です!

facebookグループ「風力発電ムラ」立ち上げました

太陽光発電ムラ 投資研究所開設しました!

太陽光発電所の値付けお手伝いいたします

【セカンダリ物件】太陽光発電所の値付け・販売行います

残期間、売電量、終了までの事業計画、融資適格性、そして相場を評価して値付け・販売をお手伝いいたします。

【FIT法無料対応!】みなし認定申請&看板設置無料の年次点検

改正FIT法対応が無料になる年次点検セットです。

みなし認定申請と標識看板の設置は無料で実施します!

「融資獲得サービス実施中!」

低圧向け スカイプ相談&資料雛形提供サービス

高圧向け 成功報酬型融資獲得サービス

【太陽光発電ムラセミナー動画】

◼︎豪雪地帯で年商の4倍の融資を獲得した元銀行マンの交渉術

◼︎実際の火災例から学ぶ太陽光発電所のリスクとその回避方法

◼︎既存案件の認定取り消しも! 知らないと恐ろしい改正FIT法の落とし穴

3本セットはこちら

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>