実は高い原発 11万3660円/kWh、太陽光は32円/kWh

原発マーク (写真出典:http://creativecommons.jp/) 原発による発電コストを計算してみました。 すると11万3660円/kWhという膨大な数字に。 これは誇張した数字ではなくどちらかと言えば 出来るだけ小さくした数字です。

▼未来から借金をする条件

新婚だった7年前、マイホームを購入しようと思った時に 初めてローンの存在を意識しました。 夫婦共働きで予算は最大4000万円ほど。 もちろん35年ローンです。 貯金も100万ほどしかない私に 4000万円の家が買える保証が あるというのが非常に不思議でした。 でもこれって私の信用ではないんですよね。 住宅を購入する際、ローンを組むと必ず その家を担保に入れることになります。 金融機関はもし私のローン返済が滞ったら 転売する事により貸し倒れを回避しますよね。 4000万円のうち、この住宅転売による信用が半分で 残りの半分が私と妻の返済能力に対する信用です。 そして35年という返済期間は日本の住宅の 耐用年数からきています。 では原発はどうでしょうか。 原発の寿命は長く見て40年です。 もちろん転売はできませんので価値としては 生産する電力のみとなります。 1基100万kWの原発が50基、365日フル稼働して 作ることの出来る40年分の電力を計算すると 1.752✕10^13kWとなります。 では、かかるコストはどうなっているかというと 作るのにだいたい1基あたり1兆円となっています。 ここに燃料費やら色々とかかってくるのですが こちらはあまり大きな問題ではありません。

▼10万円分の保管費用

原発を運転すると使用済み核燃料が出ます。 これを再処理したものは最大10万年 保管しなくてはなりません。 小泉首相のオンカロ視察後の話によると 2キロ四方のスペースを作ってようやく原発2基分の 放射性廃棄物を保管できるとか。 この50倍を保管するとなると維持管理費だけで 相当掛かりそうですよね。 この費用はどこにもデータがないので仮に 年間1億円とします。安く見積もり過ぎですが 気にしないでおきましょう。 原発の稼働が終わり、再処理された放射性廃棄物の 保管が始まります。もちろん原発は電気を生産していないので 何の価値もありません。 それどころか経済社会が誕生してから世界は 毎年平均2〜3%のインフレが起こっています。 つまり毎年保管費用は平均2〜3%づつ上がることに。 もちろんインフレが起これば通常は収入も上がるのですが 原発は稼働を終えているため1円も入ってきません。 それどころか毎年2%づつ管理費用が上がっていくのです。 仮に2%として計算してみましょう。 2年目の保管費用は1億200万円、 累計で2億200万円です。 3年目の保管費用はさらに2%上がるので 1億404万円、累計で3億600万円ほど。 では100年になるとどうなるか。 1年の保管費用は7億1千万円ほどに。 累計では312億円に。まだ可愛いレベルです。 300年になると1年の保管費用は372億円に 累計で1兆8961億円に。まだまだ残り99700年もあります。 1000年が経ちました。1年の保管費用は4京円、 累計は200京円。ちなみに1京円=10,000兆円です。 この時点でkW単価は冒頭に書いた11万3,360万円に(笑) では10万年になるとどうなるかというと・・・ 計算できませんでした。 というのもエクセルを使って計算したのですが エクセルで計算できる最大値である 9.99999999999999E+307 を超えてしまいエラーに。 将来にツケをまわすって怖いですね。 保管費用だけでこれだけなんです。 たかが40年のために未来から借金をすることの馬鹿馬鹿しさが わかっていただければ幸いです。 さぁ頑張ろう再生可能エネルギー。
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>