2年間で原発8基分の太陽光発電所が生まれました

IMG 6417 経済産業省によるとFIT開始からの太陽光発電所の 設置容量が約800万kWとなったそうです。 原子力発電所1基が約100万kWですから 約8基分の出力となります。 わかりやすく直すと8000MWなので8GW。 50kWの太陽光発電所にすると16万基分ですね。 もちろん稼働時間が違うので原発と単純に 比較することは出来ませんが、電力が足りなくなるのは 基本的に夏場の一番暑い時間なので夏場の電力不足には 原発8基分が稼働しているのとほぼ同等の影響を 与えていると言ってもいいかもしれません。 太陽光発電所の長所の一つがこのスピード。 無害なのに設置までに障壁が少なく、 お金さえかければ急速に発展させることが出来ます。 原子力どころか火力発電等その他の発電方法でも なかなか真似は出来ません。 前代未聞の金融緩和で銀行は融資先がない中、 消費税増税で市民の負担は重くなるばかり。 既得権益に縛られた今の政府は太陽光発電の 推進をする余裕もないように思われます。 私たち市民が金融機関から融資を受け さらに太陽光発電を推進することでお金て景気を回復させつつ 安全で安定した未来にどんどん投資をしていきたいものですね。 太陽光発電ムラもまだまだ頑張っていきますので これからもよろしくお願いします。

5月17日ソーラーシェアリング&32円対策セミナー開催のお知らせ

いよいよ開催日となりました。 懇親会の方は満員御礼となりましたがセミナーの方は まだ若干空きがあります ギリギリでもご参加頂けるのですが、 せっかく来て頂いて入れないのも申し訳ありませんので 早めにお申込いただき、事務局の受付確認を メールで確認してからご来場いただければ幸いdす。 ご参加頂ける方はこちらのフォームからお願いします。 http://goo.gl/EWUfBS 日時: 5月17日(土)午後2:45~ (開場:午後2:30~) 場所: TKPスター会議室お茶の水駅前 カンファレンスルーム2 アクセス: http://www.kaigishitsu.jp/room_ochanomizu.shtml <プログラム> 第1部 (14:50~16:00) 「戦略的ソーラーシェアリングの進め方 〜時間と費用を無駄にしないために〜」 1. ソーラーシェアリングの利点 2. 実現までの5つのハードル 3. 失敗しない事業化までの最短ルート 4. 知らないと失敗する行政側の建前と本音 5. 地権者、電力会社、農業委員会との交渉方法 講師:株式会社a&vein 代表取締役 谷口洋和 (太陽光発電ムラ発起人 太陽光発電コンサルタント) 第2部 (16:10~17:20) 「~32円時代でも利回り10%以上出す太陽光発電のサバイバル術!~」 1. 今年度からの太陽光発電の変更点 2. 不動産と太陽光発電の類似点と比較 3. 不動産投資からみる野立て太陽光発電 4. 32円時代の太陽光発電 5. コストカットの具体例 講師 グリーンソーラー発電所(現在6基が稼働中) 所長 水野智之 (太陽光発電アドバイザー、太陽光設計士2級) <懇親会(しげる会)> 時間: 午後6:00~ 場所: 個室創作ダイニング 縁 en アクセス → http://r.gnavi.co.jp/gcsh400/ 本セミナー/しげる会に関するお問い合せやご質問は、次のフォームよりお願いいたします: → http://solar-nenkin.com/contact/ <参加費> セミナーの部    【¥5,000】 懇親会の部(4時間) 【満員御礼】 ご参加頂ける方はこちらのフォームからお願いします。 http://goo.gl/EWUfBS
太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

太陽王子

是非実現させてください。
よろしくお願いします(^^)

吉岡功司

50kw用36円権利土地を来週取得予定です。ご指導よろしくおねがいします。これから、パネル選定、国銀融資申し込み予定です。

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>