気候変動と通貨安競争 現代と戦国時代を比較する

(カテゴリ: ●なぜいま太陽光発電か)
$太陽光発電所投資実行中!地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 日本の円安進行は一段落した感もありますが 世界の通貨安競争はまだまだ続きそうですね。 気候変動による被害も拡大しているように 見受けられる中、化石エネルギーを使って 各国が輸出競争を加熱させる現状は 人類の未来にとって非常に危機的状況です。 貴金属の高等に見受けられるように 現物にが高騰すると考えると やはり太陽光発電所は今こそやるべきなのだと 改めて思っています。 しかし、電力は保存出来ません。 保存できない現物vs流通量が増えて価値が下がる通貨 どちらが次世代の価値の基準となるのでしょうか。 ▼米⇒貨幣⇒米と基軸がうつった時代 これは戦国時代に見受けられた現象だと言います。 小氷河期を迎え全国的に米不足となる中、 食料の奪い合いとしての戦争が生じたと言われています。 そんな中でまず頭ひとつ抜けたのがご存知、織田信長。 収穫高が不安定になった米を頑張って増産しようとした 各戦国大名に対し、信長は経済を押さえることで 一気に成長します。 石高を増加させても急な発展にはつながらないのは 現代における途上国でも同じですね。 急に発展する国は二次産業、三次産業が 成長を引っ張ります。 しかしながら現物の量は限られていますので 貨幣中心になった日本経済は秀吉の 朝鮮出兵の敗北で限界を迎え 再び込め中心の方向にシフトします。 この構図は現代の世界にも 当てはめられるのではないでしょうか。 仮想通貨で成長し続けた世界が崩壊し 現物中心の世界に戻る日はそう遠くないと思います。 大規模な戦争が無ければの話ですが。 繰り返しますがその時こそ現物、 食料やエネルギーが再び陽の目を浴びると 私は改めて確認しました。 ・・・漫画を読んでですが(笑) センゴク、面白すぎです。 キンドルで読めるので一気に全巻揃えてしまいました。
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>