鴻海精密(ホンハイ)の事業拡大

(カテゴリ: ▲50kW発電所投資実行記)
$太陽光発電所投資実行中!地球にも自分の懐にも優しい生き方を開拓する新エネルギーマニアの諸国漫遊記 中国商務部によると、鴻海精密(ホンハイ)が 中国南部の広西チワン族自治区において 5つの太陽光パネル工場、20の太陽光発電所 そしてR&Dセンターを作る計画だそうです。 このニュースにまだまだ世界の 太陽光発電の火は消えないのだと再認識しました。 フォックスコンテクノロジーグループ(鴻海科技集團)なので パネルとしてはフォックスコンと呼ばれることもあります。 最近だとシャープとの提携話が話題になっていますね。 なぜ同じ漢字でフォックスコンと呼ばれたり ホンハイと呼ばれたりするかは知りません。 ご存知のかた、教えてください。 フォックスコンは台湾の企業で OEM受注額で世界最大のグループ。 電子機器の生産を安価で行うビジネスモデルで 一気に世界の頂点に上り詰めました。 2011年に本格参入した太陽光パネル生産でも コストで中国メーカーすら脅かす存在です。 やはり真空技術を持っている企業は 太陽光と相性がいいですね。 逆にQセルズを買収したハンファあたりは 技術を導入したといっても技術者が どれだけ確保できたかがカギでしょう。 真空技術はどうしても職人芸的要素が 強くなるので機械と幹部クラスだけ引きぬいて きただけだとすると製品の性能にどうしても 不安が残ります。今度調べてみようかな。 ちなみに広西チワン族自治区とは秦代における 桂林郡全域および南海郡、象郡の一部だそうです。 三国志好きとしては古い地名で言ってもらわないと どこだかいまいちわかりづらいですよね。
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>