50kW低圧太陽光発電のソーラーシェアリングにおける遮光率

IMG 4499th

昨日はパネルの代理店さんとお会いしていました。
やはり作りがいいパネルは見ていて気持ちがいいですね。

価格も今なら国産よりは安いのでかなりお得。
非常に気になったので1月は13日から1週間、
ドイツの工場に見学に行って来ることにしました。
業務等の依頼は早めに頂ければ幸いです。

▼ソーラーシェアリングと遮光率

ソーラーシェアリングを実施するに当たり、
遮光率という言葉が出てきます。

これは真上から見た時のパネルと農地の比を表します。
例えば遮光率30%なら1000平米の中で
300平米がパネル面積です。

ではソーラーシェアリングにおいて遮光率は
何%にすればいいか。

その明確な基準は例によってありません。
農作物の育成に大きな影響が出ない範囲とされています。
もちろんその値は農作物によって違います。

▼光飽和点

その指標の一つとなるのが光飽和点です。
あまり聞き慣れない言葉ですね。

植物は日光が当たれば当たるほど
いいと思われがちですが太陽光発電と違い、
植物の成長には一定量以上の光は必要としません。

この一定量以上の光の強さを光飽和点と言い、
キロルクス(k lux またはk lx)で表されます。

スクリーンショット 2013 12 26 15 33 43

この光飽和点の比較表を元に、栽培する作物に対して
どれだけの遮光が必要かを検討していくのが
ソーラーシェアリングで一番難しいところでしょう。

そもそもルクスとは照度の単位であり、
エネルギーの単位ではありません。

つまり光飽和点を元にまともな営農への
影響なんて誰も検討ができるはずがないんですよね。

この点を知らないで無いデータを探し、
しっかりとした結論が得られずに
ソーラーシェアリングを断念する方が多いようです。

もちろん最初から答えがないなんて
データも集めず開き直ってしまっては駄目ですが、
データさえ集めてそこを丁寧に説明すれば
農業委員会の方々もしっかりと対応してくれる事でしょう

ぜひ頑張ってみてください。

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>