50kW低圧太陽光発電所のパネル25年保証の現実1

IMG 6276 製品10年、出力25年補償が事実上の スタンダードとなっている日本の太陽光パネル市場。 購入者から見ればほとんどリスクはゼロに見えます。 年1%のリニア補償などと言って例えば3年後に、 発電能力が3%以上、下がったらパネルを交換すると言われて どのようにこれを証明するのか。 ここをメリットとする業者さんに聞いてみてください。 まず答えは出てこないことでしょう。 50kW太陽光発電所のパネルは通常200枚以上。 この中の1枚だけが5%劣化していたとしたら、 出力の減少は0.025%です。5台あるパワコン1台を 監視したとしても0.125%。わかるわけがないですよね。 では1枚1枚を測れば良いかと言えばそれも難しいです。 太陽光パネルの出力は1000W/㎡の光が照射されている 条件下での発電量。晴天の日だからといってこの条件を クリア出来ているかは通常の方法ではわかりません。 ではどう故障を判定するかといえば常にバイパスダイオードが 常に動作していることを証明するくらいしかないでしょう。 バイパスダイオードが動いているということは そのパネルの1/3は働いていないことになります。 66%の劣化なので即交換となりますね。

1ヶ月でどれだけのパネルが壊れるか

あるメンテナンス会社さんからの情報によると 現在は倒産している元有名メーカーのパネルで作った発電所において 設置当初の故障枚数は0だったのに設置して1ヶ月で3枚のパネルに 故障が見つかり全て交換したそうです。 1か月の故障率が0.3%だとすると、1年で3.6%・・・ ではありません。全体が劣化していくと考えればそれ以上となります。 もしかしたら施工時に破損していたのかもしれませんが、 一般的な数値だとしたらかなり恐ろしいお話ですよね。 今後、各発電所のパネルの状況を調べて また皆さんに情報提供をしていきたいと思います。

5月17日ソーラーシェアリング&32円対策セミナー開催のお知らせ

告知がギリギリになって本当に申し訳ありません。 全国から予定を変えて参加するとの連絡をいただき 大変恐縮しております。 ご参加頂ける方はこちらのフォームからお願いします。 http://goo.gl/EWUfBS 日時: 5月17日(土)午後2:45~ (開場:午後2:30~) 場所: TKPスター会議室お茶の水駅前 カンファレンスルーム2 アクセス: http://www.kaigishitsu.jp/room_ochanomizu.shtml <プログラム> 第1部 (14:50~16:00) 「戦略的ソーラーシェアリングの進め方 〜時間と費用を無駄にしないために〜」 1. ソーラーシェアリングの利点 2. 実現までの5つのハードル 3. 失敗しない事業化までの最短ルート 4. 知らないと失敗する行政側の建前と本音 5. 地権者、電力会社、農業委員会との交渉方法 講師:株式会社a&vein 代表取締役 谷口洋和 (太陽光発電ムラ発起人 太陽光発電コンサルタント) 第2部 (16:10~17:20) 「~32円時代でも利回り10%以上出す太陽光発電のサバイバル術!~」 1. 今年度からの太陽光発電の変更点 2. 不動産と太陽光発電の類似点と比較 3. 不動産投資からみる野立て太陽光発電 4. 32円時代の太陽光発電 5. コストカットの具体例 講師 グリーンソーラー発電所(現在6基が稼働中) 所長 水野智之 (太陽光発電アドバイザー、太陽光設計士2級) <懇親会(しげる会)> 時間: 午後6:00~ 場所: 個室創作ダイニング 縁 en アクセス → http://r.gnavi.co.jp/gcsh400/ 本セミナー/しげる会に関するお問い合せやご質問は、次のフォームよりお願いいたします: → http://solar-nenkin.com/contact/ <参加費> セミナーの部    【¥5,000】 懇親会の部(4時間) 【¥6,000】 ご参加頂ける方はこちらのフォームからお願いします。 http://goo.gl/EWUfBS
太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>