九州で風は吹くのか⁉︎

(カテゴリ: 風力)

太陽光の圧倒的な普及と比べて一向に増えない風力発電。ここにきて、欧米の小型風力発電(20kw未満)メーカーが相次いで参入しているようです。欧米メーカ-から熱い視線を受ける理由は1つ。太陽光と比べて著しく高い買い取り価格ですね。

image

小型風力発電(20kw未満)の買取価格は現在55円/kw。今や太陽光の買取価格の2倍以上となっています。

スペインのエネラは1基3.2kwを6基1セットとして1,800万円(設置費込み)で販売するとのことです。1,800万円ですよ!結構、安くなって来てたんですね~。しかも、10年で回収可能だそうです。太陽光の50kw弱の低圧設備と変わりませんね。

魅力的なものになってきた感もあるのですが・・・九州で風が吹くんか!というのが私の最初の感想。半信半疑だったのですが、どうも状況は違うようです。

アメリカのエグザラスウインド(オレゴン州)は10.4kwの小型風力発電機を昨年8月に熊本に第一号機を設置したとのことです。前述のエネラも6基1セットを福岡で販売するそうです。
九州でも風が吹いてるぞ~!もっと吹け~!

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場