太陽光発電休業補償について

(カテゴリ: 保険, 太陽光発電所)

タグ:

太陽光発電休業補償について

 

保険屋さんを召喚して

休業補償の件で打合せを行いました。

(ほとんど活動しておりませんが)

一応、当方、2級のFP技能士でして、

その実態は如何に?ってところなんですが。

それなりに保険関係には詳しいとは思っていましたが、

ある方にこの休業補償を調べてよって事で

取引のある保険屋さんに説明をお願いしたという経緯です。

うん、全然ノーマークでした。

はい、FPとしての活動は全くしておりません。

自身のライフプラニングをするのみです。

 

〇〇〇〇の事業活動総合保険

”ビ〇〇〇〇〇〇ー”なのですが、

(もう皆さんご存じだと思います)

電気的または機械的事故を附帯させても

1口5年で6,600円という超格安の休業補償でございます。

これを必要な口数分掛ければ良いのですが、

実損払いなので低圧の場合は1口(日額補償1万円)

で十分かと思います。

 

 

そこで実損の証明の方法も聞きましたところ、

(保険の支払い請求をした時点での)

既存の発電所に関しては去年までの1年分のデータ、

新規に関しては前月までのデータで証明。

そしてここからがある意味肝なのですが、

契約店に締結権があるとの事で契約店との

十分なやりとりが必要だと感じました。

入口を固めることにより出口での支払いが

スムーズに行えるようになるという事です。

入口の固め方はやり手の保険屋さんと組む

に限ると思います。そして十分な資料の提供ですかね。

 

「契約の時に間違った申告してますよね?保険金は出せません。

だって正しく教えてもらってませんから。」

と言わせない様な入口をしっかり保険の代理店の

方と作っておくという事がとても大切な作業だと感じました。

 

因みにユーティリティ設備の特約も付けて、

一帯が停電になった時も保険が降ります。

他の保険会社さんは降りない事もありますので、

ここら辺の契約内容も詰めました。

 

そして年明けに地震保険を中心に料率が上がります。

過去の傾向からの試験対策ですが、

保険屋にこんな感じでのお知らせが出るときは

相当上がると認識しております。

地震保険はともすれば、倍から上がる気がしております。

又、複数年契約でいけたやつも年数が削られたり、

単年でしか行けないケースも出てくると思います。

(ここいらは住宅の火災保険も同じです。

もう30年とかは掛けることができません)

勿論、火災保険も上がりますので、

金融機関に質入れしている保険も上がります。

当然、休業補償も上がると思っております。

ただ、休業補償の場合はそこまで値上がりしないのでは?

とは思っていますが単年契約になってしまう

可能性はあろうかと思います。

 

ですので、新規で建てる発電所は年明けに

連携するものに関しても12月末日で契約が基本になろうかと

思いますので、各々情報収集を宜しくお願い致します。

5年で6,600円の休業補償がプレミアムチケットになる日も

そう遠くないのかもしれません。

 

 

inq1_5

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

 


太陽光発電ランキング

 

 

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

メンテ技士

sun33様
コメントありがとうございます。
私どもの検討してる保険は盗難、不足且つ突発的な事故としていたずらも補償に含まれるように設計しております。
ただ、温暖化の面倒は見てくれません。
そこは無理でしょうね。
ただ、各自、保険の見直しはする時期かと思います。

sun33

休業補償について

私も知らない間に設備に付帯していた様です。
最初から付いていました。パナです。
そこで分かった事
・人的災害は、保証しない。(電線泥棒には利かない)
・嫌がらせの設備破壊にも利かない。
・地球温暖化による発電量低下には、利かない。
(昨年は、日射量低下で200万のマイナスでした)

支払い条件を調べておく必要がある様です。
メンテ業者にお任せなので私、当事者は、良くわかりません。。。。

コメントを残す