交流ブレーカーの組合せ

(カテゴリ: 未設定)
交流ブレーカー配線1

一般的な交流配線パターンでは、ブレーカーは
  ○主幹(入力側遮断器、以下入力側と略記)
  ○パワコンの上流側(出力側遮断器、以下出力側と略記)
の2種類かと思います。
※当社では別パターンも有、別テーマで記載予定。

 パターン1、入力側、出力側共に配線用遮断器
 パターン2、入力側は漏電遮断器、出力側は配線用遮断器
 パターン3、入力側は配線用遮断器、出力側は漏電遮断器
 パターン4、入力側、出力側共に漏電遮断器

の4パターンが組合せとしては考えられますが、
皆さんはどれを採用されますか。

若干乱暴な表記ですが、ざっくり
 ○漏電遮断器は配線用遮断器も兼ねる
(≒安全を確保するためトリップしやすい)
 ○配線用遮断器の方が安価
こんな傾向です。

私は以下の理由から、パターン3を採用しています。

○システム全体として、最低どちらかで漏電を検知し、
 安全確保の必要はあると考える
○トリップした時の売電機会の損失を小さくしたい
○とある発電所でパターン1を採用した際、たびたび入力側が
トリップしたが、パターン3に変えてから、
出力側のトリップは無く、かつ、事故や怪しい現象に
遭遇していない

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す