太陽光 規模拡大のマイルストーン

challenge_mokuhyou_businessman
これは人それぞれの考え方があると思いますが、私が考える太陽光の1つのマイルストーンは、1つの法人を課税売上999万に仕上げて免税事業者に戻る、これだと思ってます。

インボイスの動向が不透明なので何とも言えませんが、現時点の確定した状況で考えると、これが最も効率的なゴールの1つです。

いわゆる1000万ライン論争

実は昨日まで「税抜会計」にすれば、1000万ギリギリのラインまで売上を伸ばせる!なんて思ってました。他のブログにもそんなことが書いてありましたし、「税抜会計」最高!万歳!って勢いそのままに、税抜売上950万で着地できるような太陽光の買い増し計画を立てていました。ところがこれ、このまま進むと完全にOUTなやつでした。

1000万を意識する目的は免税事業者に戻ることです。ですが、いざ免税事業者に戻ると、皆さんご存知の通り「税抜会計」はできません。つまり、税抜売上950万の法人は、免税事業者になった瞬間、課税売上が1045万となり、翌年から免税事業者でいられなくなってしまいます。ほんの数十万の売上の差で、益税が得られるかどうか変わってしまう、なんとも恐ろしい世界です。本当は益税なんぞに頼らなくても全く無問題じゃ!ってぐらい高利回りな案件をやれれば良いんですけどね。

太陽光発電ムラ市場

1000万ライン論争の答え

課税売上で950万着地を狙う!これを達成するには、税込売上240万ぐらいの太陽光4つです。・・・って言うのは簡単ですが、これを課税事業者の期間を最小にするため、1年以内に同時取得するのはなかなか難儀なもの。当初ははるか遠い目標だと思っていた課税売上1000万円が、いざ取組み始めると意外に手が届きそうなところまで来てしまい戸惑っています。完全に自身のコンフォートゾーンから抜けてますね 笑  まぁ計画ってのは狂うものなので、自分なりの着地点を見つけていきたいと思います。

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

5 Comments

太陽光を始めたいサラリーマン

>sun33さん
36円時代は特に上振れしやすいこともありそうですが、100万単位で変動あるんですね^^;
21円以下だと過積載率も高いので、上振れは少し限定的になるのでしょうかね・・・?

決算前に発電所の電源を切る年末調整、リアルにやってる方がおみえとはびっくりです‪w

sun33

私の場合、36円6基、同時に導入となり1000万を超えそうだったので、2の名義にして2分しました。
1人800万程度で良しとしました。異常気象のせいか、軽く100万単位で上振れ、下振れします。
業社から言われたのは、12月のクリスマスの時期に自ら発電所の電源を切って1000万以下になる様に調整している方もいるとの事でした。なかなか自ら電源を落とす事は出来ないと思いますが、そんな目にあってみたいと思います。

太陽光を始めたいサラリーマン

>PVマニアさん
連投コメントありがとうございます。笑
えぇ、私が免税事業者に戻りたい中途半端野郎でして 苦笑

結果的に免税事業者に戻らず、簡易課税事業者になる前提なら税抜売上で1000万ギリギリを狙えばいいんでしょうね。インボイスどうなるのー?って感じです

PVまにあ

連投です笑。免税なら税込みになりそうですね。

PVまにあ

こんにちは、消費税清算仕訳差異などは雑収入、または雑損失となり不課税ではないかと思います。
なので、税抜記帳の場合は税込よりギリギリラインを狙えるんじゃ無いでしょうか?
私もちょっと不安になったので税理士さんに再度確認してみます^ – ^

コメントを残す