消費税還付の使い道・今年どうする?

(カテゴリ: 免税事業者, 合同会社, 消費税還付, 課税事業者)

タグ:

kanpu
消費税還付で500~600万ほど戻ってくる予定ですが、全くノーアイデアです。

法人は、個人保有だった太陽光のうち1基の売却、プチ案件の現金購入を含め、結果的に、初年度で太陽光×4基(21円99kw,32円37kw,18円111kw,21円24kw,課税売上650万見込み)を取得しました。

もし今年、還付金をうまく活用してもう1基購入できるなら、果たして購入すべきでしょうか。

損益分岐点は?

インボイスの議論はありますが、私は免税事業者で益税を貪れる制度は続くと思っている派です。よって、デメリットは4年目の課税事業者の継続による消費税の支払いです。金額としては、65万+新規太陽光の売上消費税分。

ただし、仮に新規購入できる太陽光が800万なら、消費税還付80万円で消費税の支払いは帳消しにできます。その意味で、利回りそこそこで融資も引ける場合、800万以上の案件なら、課税事業者が1年延びてもメリットの方が大きいといえる気がします。

太陽光発電ムラ市場

となれば・・・

狙うは1300万ぐらいの太陽光でしょうか。

990万(支店決裁で通せる融資)+300万(自己資金)。

ダメ元で当たりながら信販の借り換えを狙っていく感じですね。

年度末だし、ひょっとして借換えぐらいならコロッといけたり・・・しないかな?笑

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す